産後の尿漏れはいつまで?産後1年以上経っているのに治らない方へ

産後の女性へ 看護師からのアドバイス

こんにちは。看護師歴25年、 骨盤底筋トレーニング【YUI】の 北條裕紀恵です

産後の尿漏れでそのうち治るだろうと思い様子をみていたけど一向に良くならない…

産後は、出産の衝撃から尿漏れを起こしやすくなります。

しかし、産後の傷が癒え母乳をやめ妊娠前の体に戻ると尿漏れは自然に良くなる方は多いです。

ただ、そんな中でも産後1年以上も経っているのに尿漏れが良くならないと感じている人は少なくありません

そして、産後1ヶ月の検診で医師に尿漏れのことを相談すると「体操して様子みてください」と言われるでしょう。

その場で「骨盤底筋トレーニング(ケーゲル体操)」のパンフレットを渡されたり、体操方法を簡単に口頭で説明を受けて終わります。

その後は、自分で見よう見まねで体操をしているうちに1年以上が経ったけど尿漏れが良くならない…

さらに、産後の女性は忙しい日々を送りますので以下の理由で先延ばししがちです。

  • 忙しいから
  • 出産したから
  • 病気じゃないから
  • まだ困らないから

そして、多くの女性が以下の様に考えて尿漏れしている現実を自分に言い聞かせているのではないでしょうか。

  • 出産したら仕方ない
  • 尿漏れは病気じゃない

しかし、産後1年以上続いている尿漏れはくしゃみやジャンプのん尿漏れではなく、我慢できない尿漏れではないですか。

このタイプの尿漏れはトイレに行く前にちょっとだけ注意すれば良くなる可能性があります。

今回は

[wp-svg-icons icon=”checkmark” wrap=”i”]産後1年半以上たっているのに尿漏れが良くならない
[wp-svg-icons icon=”checkmark” wrap=”i”]一歩で我慢できず漏れてしまう

このような産後の尿漏れタイプについてお話します。

産後の尿漏れ1年以上経っているのに良くならないのはどうして?

産後の尿漏れは、くしゃみやジャンプなどお腹が圧迫されて漏れる腹圧性の尿漏れが殆どです。

この腹圧性の尿漏れは、出産のダメージで骨盤底筋という筋肉が衰えるために起きます。

この腹圧性の尿漏れには骨盤底筋を鍛えることが有効です。

産後のくしゃみやジャンプの尿漏れについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ
産後の尿漏れが治らない。そのうち治ると思って放っておかないで積極的に骨盤底筋トレーニングをしましょ!

しかし、産後1年以上経ちあと少しで我慢できずに漏れる尿漏れは腹圧性とは少し違います。

産後1年半以上経っても治らない尿漏れは

我慢できずにあと少しのところで漏れる尿漏れを切迫性尿失禁といいます。

切迫性の尿漏れは以下の様な時に起こります。

  • トイレに向う途中で我慢できない
  • 服を脱いでいる途中で我慢できず漏れる

産後1年以上も治らない尿漏れはどうして起こるのか

膣からの出産は、臓器を支えたり排泄をコントロールしたりする骨盤底筋に強い衝撃を与えます。

そして、産後は体の回復とともに骨盤底筋もゆっくりと元に戻るとされています。

しかし、中には骨盤底筋が妊娠前の状態まで回復せずに、尿道を支えている靭帯や筋肉などの骨盤底組織が弱くなったままの方もいます。

このように骨盤底筋が弱いままだとたわんでしまいます。

そして、骨盤底筋がたわむと膀胱が下がりやすくなり、また尿道はグラグラします。

すると、膀胱に溜まった尿は尿道に入り込みやすくなってしまいます。

骨盤底筋がしっかりしていれば尿道に入り込まずに膀胱に留まってくれます。

しかし、一旦、尿道に尿が入り込んでしまうと我慢できないと言われています。

そのため、トイレに慌ててしまい我慢できずに少しだけ漏れてしまうということが起こります。

産後のくしゃみやジャンプの尿漏れも、我慢できない尿漏れも骨盤底筋のたわみで起こります。

  • 腹圧性の尿漏れは [wp-svg-icons icon=”arrow-right” wrap=”i”] お腹が圧迫されて漏れる
  • 産後の我慢できない尿漏れは [wp-svg-icons icon=”arrow-right” wrap=”i”] 尿道に尿が入り込み我慢できなくなる

産後1年以上経っても良くならない尿漏れ対策

産後のくしゃみやジャンプの尿漏れには、骨盤底筋トレーニング(ケーゲル体操)が有効です。

今回の産後1年以上経過しても我慢できず少し漏れる尿漏れには、トイレに行く時は慌てないで以下の3つに注意することが大切です。

  1. トイレに行く前に骨盤底筋を締める
  2. 深呼吸してリラックス
  3. トイレ以外のことを考える

またこの対策は、骨盤底筋トレーニングをマスターするとなお効果的です。

1.トイレに行く前に骨盤底筋を締める

産後で我慢できずあと一歩のところで漏れる尿漏れの人は、骨盤底筋の筋力が低下したわみやすくなっています。

骨盤底筋がたわみ膀胱に尿が多量に溜まった状態で以下の様な動作が加わると尿道に尿が入りやすくなります。

  • 急に立ち上がる
  • 小走りする

そのため、トイレに行きたいと思った時は、骨盤底筋をしっかりと締めてから動くことが大切です。

骨盤底筋の締め方が分からない人は、オナラを我慢するような感じで肛門だけをキュッとしっかりと締めてください。

2.深呼吸してリラックス

焦った状態でトイレに行くとどうしても体は緊張し全身に力が入ってしまいます。

体に力が入ってしまうと自然と膀胱に押し出すような力が加わってしまいます。

そのため、トイレに行く時はゆったりとし気持ちで慌てず余裕を持って行くことが大切です。

尿意を感じたら焦らずに、深呼吸をしてリラックスしてください。

リラックスできるとお腹に余計な力が入らなくなります。

トイレに慌てないで行くコツを掴むためにこちらの記事もおススメです
女性の我慢できない尿漏れに有効な膀胱訓練のポイント

3.トイレ以外のことを考える

トイレに行きたいと思うと頭の中はトイレのことしか考えられなくなります。

この状況は、焦ってしまうので火に油を注いでいる状態になります。

そのため、骨盤底筋を締めて全身リラックスして尿意が落ち着いたらトイレ以外のことを考えましょう。

女性は、食事のメニューを考えると良いと言われています。

しかし、トイレを忘れられるならなんでも大丈夫です。自分の意識が集中できるものを考えてトイレのことは忘れましょう。

骨盤底筋トレーニング

トイレを我慢するために骨盤底筋を締められるようにするためにはある程度の筋力が必要です。

そのために、骨盤底筋トレーニングで筋肉を鍛えることが大切です。

骨盤底筋トレーニングは筋トレなので即効性がないため継続することが大切です。

しかし、骨盤底筋は体の奥にある筋肉で動きも分かりにくく地味なトレーニングです。

そのため、モチベーションも下がりトレーニングを継続するのが難しいと言われています。

でも、産後の尿漏れには骨盤底筋トレーニングは大切ですので日常で動かす癖をつけて継続していきましょう。

私から骨盤底筋を効果的に動かすためにいくつかポイントをお話しします。

骨盤底筋の鍛え方の4つのポイント

骨盤底筋

骨盤底筋を鍛える時は、自分の骨盤底筋の場所をしっかりと意識して動かすことが大切です。

頑張って骨盤底筋を鍛える体操をしていても、そもそも骨盤底筋を意識できないのなら効果的に動かしているとは言えません。

ポイント1:骨盤底筋の場所を認識する

骨盤底筋の場所は自転車のサドルに当たる部分です。

また、椅子に座ると両方のお尻に骨(坐骨)が当たります。

その両側の坐骨の内側にあり尾骨から恥骨にかけてハンモック状に広がっています。

椅子に座ってトレーニングをする時は、股間にタオルをあててトレーニングをすると骨盤底筋の動きが感じやすくなります。

椅子とタオル

上の画像の様にバスタオルをロール状にして股間に当ててみてください。

ポイント2:骨盤底筋に意識をフォーカスする

骨盤底筋の場所が分かったら、そこをギューッと締めてみましょう。

動いているかハッキリと分からない人は、入浴時に膣に指を入れて動かしてみてください。

骨盤底筋を動かした時に指に抵抗を感じられたらきちんと動いています。

ポイント3:動かす時にイメージしてみる

骨盤底筋を動かす時に以下のイメージをしてみてください。

  • 猫と尻尾をクルクルと自分の方向に丸める
  • クリトリスをお辞儀させる
  • 膣から麺類を吸い上げる

骨盤底筋は、体の奥にあり関節運動がないため自覚がしにくい筋肉です。

そのため、イメージしながら動かすことはとても有効です!

ポイント4:骨盤を正しい位置にして動かす

反り腰や椅子にズリっと座ると骨盤が正しい位置になく骨盤底筋は均整が保たれず効果的に動かすことができません。

そのため、骨盤底筋を鍛える時は、正しい姿勢を意識して動かしましょう。

もっと詳しい骨盤底筋トレーニングについてはこちらの記事を参考にしてください
骨盤底筋トレーニングをするなら骨盤底筋をしっかりと意識しましょう!
骨盤底筋の正しいやり方 あなたはきちんと動かせていますか?

まとめ

いかがでしたか。

産後1年以上続いている尿漏れで、あと少しで我慢できずに漏れてしまう人は、骨盤底筋トレーニングに加えて以下の3点に注意してみてください。

  • トイレに行く前に骨盤底筋を締める
  • 深呼吸してリラックス
  • トイレ以外のことを考える

骨盤底筋をしっかりと鍛えて、この3点に注意すれば我慢できない尿漏れに効果がみこめます。

また、骨盤底筋トレーニングは産後の尿漏れにはとても大切です。

今回ご紹介した骨盤底筋トレーニングのポイントをふまえてご自分でやってみても以下の様なことがありましたらぜひご連絡ください。

  • 骨盤底筋がどこだか分からない
  • 骨盤底筋が本当に動いているのか分からない
  • きちんと正しいトレーニング方法が知りたい
  • 膣が締められているのか分からない

骨盤底筋は、体の奥にあり関節運動がないため動きが分かりにくい筋肉です。

一生懸命トレーニングしていても実は骨盤底筋が全然動いていなかったということは少なくありません。

正しい骨盤底筋トレーニングをマスターしておけば今後一生使えますのでぜひご連絡ください。

お申し込み

 骨盤底筋トレーニング詳細

 完全予約制
 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
 場所:神楽坂駅1a出口徒歩2分、牛込神楽坂A3出口徒歩3分、東京メトロ飯田橋駅B3出口徒歩7分
 料金(税込):初回来店90分16,500円、初回オンライン90分13,500円、初回相談のみ60分9,800円
※クレジットカード可(JCB以外)

関連記事

予約カレンダー

2021年10月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2021年9月