臨床経験20年以上の看護師が正しい骨盤底筋トレーニングを指導します

LINE@登録で女性特有の症状を回避する8つのポイントE-BOOKをゲット

産後の尿漏れはいつまで?産後1年以上経っているのに治らない方へ

ゆきえ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。骨盤底筋こつばんていきんパーソナルトレーナーの北條ほうじょうゆきえです。

 

産後から尿漏れがあり、そのうち治るだろうと思って様子を見ている、だけどいっこうに良くならない…

 

産後だから仕方ないと様子を見ていたけどもう1年以上たっているのに良くならないんです…

産後尿漏れで悩んでいる女性

 

産後は、お産の衝撃から尿漏れを起こしやすくなっています。

 

しかし、少しずつ産後の傷が癒えて妊娠前の体に戻り、母乳もやめると尿漏れは自然と良くなる人は多いです。

 

ただ、そんな中で産後1年以上も経っているのに尿漏れだけがスッキリしないと感じている人は少なくありません。

 

そして、産後1年のママの健診で病院に行き尿漏れのことを言うと

 

尿漏れあるなら体操してくださいね

医師

 

と、骨盤底筋トレーニング、つまり「ケーゲル体操」を勧められ

 

病院ではケーゲル体操のパンフレットを渡されるか、やり方を簡単に説明されるだけかで終わります。

 

その後は、自分で見よう見まねで体操をやってみて、かれこれ1年年以上は経っているのにいっこうに尿漏れが良くなる様子がない。

 

このまま尿漏れは良くならないのかな…

産後尿漏れで悩んでいる女性

 

なんてうっすら思い、そしてだんだんと時が経つにつれ

  • 忙しいから
  • 出産したから
  • 病気じゃないから
  • まだ困らないから

などで尿漏れを仕方ないものだし、尿漏れは病気じゃないからと受け入れ態勢になっていませんか?

 

もしかすると、あなたの産後1年以上続いている尿漏れは、

  • 慌ててトレイに駆け込み、アッ!いう時に少しだけ漏れてしまう尿漏れではないですか?

 

このタイプの尿漏れはトイレに行く前にちょっとだけ行動に注意すれば良くなる可能性があります。

 

今回は

産後1年半以上たっているのに尿漏れが良くならない
トイレであと一歩のところでちょっとだけ漏れてしまう尿漏れ

このような産後の尿漏れタイプについてお話します。

 

産後の尿漏れ1年以上経っているのに良くならないのはどうして?

産後の尿漏れは、くしゃみやジャンプなどでお腹に力が入り膀胱が圧迫されることで漏れる腹圧性ふくあつせいの尿漏れが殆どです。

 

この腹圧性の尿漏れは、出産で骨盤底筋という筋肉が弱くなってしまうために起きます。

 

この腹圧性の尿漏れには骨盤底筋を鍛えることで改善すると言われています。

 

だから、どこに行っても体操をしましょうと言われるんです。

産後のくしゃみやジャンプの尿漏れについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

産後の尿漏れが治らない。そのうち治ると思って放っておかないで積極的に骨盤底筋トレーニングをしましょ!

 

しかし、産後1年以上経っていて、トイレであと一歩のところで漏れる尿漏れは腹圧性とは少し違ってきます。

 

これには、骨盤底筋トレーニングやっても意味がないってこと?

産後尿漏れで悩んでいる女性

 

 

意味がないのではなくて、骨盤底筋トレーニングともう1つ気を付けて欲しいことがあるんです。

ゆきえ

 

産後1年半以上経っても治らない尿漏れは

産後1年半以上たっているのに尿漏れが良くならない
トイレであと一歩のところでちょっとだけ漏れてしまう尿漏れ

 

このタイプの尿漏れは、少しだけ切迫性と言われるタイプの尿漏れが混ざっています。

 

切迫性の尿漏れとは

  • トイレに向かっている途中で我慢できない
  • 服を脱いでいる途中で慌てて少しだけ漏れる

というようなトイレに行くけど尿を我慢できずに漏れてしまうタイプのことを言います。

 

産後1年以上も治らない尿漏れはどうして起こるのか

膣からの出産は、臓器を支えたり排泄をコントロールしたりする骨盤底筋に強い衝撃を与えます。

 

そして、産後は体の回復とともに骨盤底筋もゆっくりと元に戻るとされています。

 

しかし、中には骨盤底筋が妊娠前の状態まで回復せずに、尿道を支えている靭帯や筋肉などの骨盤底組織が弱くなったままの人がもいます。

 

このような骨盤底筋が弱いままだと、骨盤底筋はたわんでしまいます。

 

そして、骨盤底筋がたわむと膀胱も下がりやすくなり、また尿道もグラグラしますので、膀胱に溜まっている尿は尿道に入り込みやすくなってしまいます。

 

骨盤底筋がしっかりしていれば、膀胱に溜まっている尿は尿道に入り込むことはありません。

 

しかし、一旦、尿道に尿が入り込んでしまうと反射的に尿を出そうという働きが起こると言われています。

 

そのため、トイレに慌ててしまい、トイレで我慢できずにちょっとだけ漏れてしまうということが起こります。

 

産後のくしゃみやジャンプの尿漏れも、我慢できない尿漏れも骨盤底筋のたわみで起こっていますが、尿漏れの起こり方がちょっとだけ違うのです。

 

う~ん、なんか同じように感じるけど違うのね?

 

膀胱が圧迫されて漏れるか、尿道に入り込んで漏れるかの違いね。

ゆきえ

 

  • 腹圧性の尿漏れは  お腹に力が入り膀胱が圧迫されて漏れる
  • 産後の我慢できない尿漏れは  尿道に尿が入り込み我慢できなくなる

 

同じようですがちょっと違うんです。

 

産後1年以上経っても良くならない尿漏れ対策

産後のくしゃみやジャンプの尿漏れには、骨盤底筋トレーニング(ケーゲル体操)が有効です。

 

今回の産後1年以上経っている我慢できずにちょっとだけ漏れる尿漏れには、トイレに行く時は慌てないで以下の2つに注意することが大切です。

  • トイレに行こうとする前に骨盤底筋を締める
  • お腹に力が入らないようにする

 

またこの対策は、骨盤底筋トレーニングをしっかりとやっている方がなお効果的です。

トイレに行こうとする前に骨盤底筋を締める

産後で我慢できずあと一歩のところで漏れる尿漏れの人は、骨盤底筋の筋力が低下したわみやすくなっています。

 

骨盤底筋がたわみやすい状態で、膀胱に尿がたっぷり溜って

  • 急に立ち上がる
  • 小走りする

などのちょっとした動作が加わわると、膀胱に溜まっている尿は尿道に簡単に流れ込みやすくなってしまいます。

 

そのため、トイレに行きたいと思って動く時は、骨盤底筋をしっかりと締めてから動くことが大切です。

 

骨盤底筋の締め方が分からない人は、オナラを我慢するような感じで肛門をキュッとしっかりと締めてください。

 

お腹に力が入らないようにする

慌てて切羽詰まった状態でトイレに行くと、どうしても体は緊張し全身に力が入ってしまいます。

 

体に力が入ってしまうと自然と膀胱にも押し出すような力が加わってしまいます。

 

そのため、トイレに行く時はゆったりとし気持ちで慌てないで余裕を持って行くことが大切です。

 

そして、お腹に余計な力が入らないように注意しましょう。

 

きっと、これらの行動に注意するだけでトイレであと一歩というところで漏れてしまう尿漏れは改善されると思います。

 

トイレに慌てないで行くコツを掴むためにこちらの記事もおススメです

女性の我慢できない尿漏れに有効な膀胱訓練のポイント

 

ただ、このような尿漏れがある人は、骨盤底筋が弱くなっていると考えられますので、積極的に骨盤底筋トレーニングをすることが大切です。

 

しかし、骨盤底筋は体の奥底にあり関節運動もないため、トレーニングしても鍛えられているか自分では分かりにくい筋肉なんです。

 

そして、骨盤底筋はトレーニングしても効果が出てくるのは2~3ヶ月後と言われています。

 

効果が分かりにくければモチベーションも下がりトレーニングを継続するのが難しいですね。

 

でも、産後の尿漏れには骨盤底筋トレーニングは大切です。

 

ムキになって疲れてしまうまでやる必要はありませんが、日常で動かす癖をつけて継続していきましょう。

 

私から骨盤底筋を効果的に動かすためにいくつかポイントをお話しします。

 

骨盤底筋の鍛え方の4つのポイント

骨盤底筋

骨盤底筋を鍛える時は、自分の骨盤底筋の場所をしっかりと認識し、

 

意識を骨盤底筋にフォーカスして動かすことが大切です。

 

頑張って骨盤底筋を鍛える体操をしていても、そもそも骨盤底筋を意識できないのなら効果的に動かしているとは言えません。

 

ポイント1:骨盤底筋の場所を認識する

骨盤底筋は体のどこにあるの?

産後尿漏れで悩んでいる女性

 

簡単に言うと自転車に乗ってサドルに当たる部分が骨盤底筋ですよ。

ゆきえ

 

サドルって何となくひし形ですよね、骨盤底筋もひし形の形をしています。

 

それで、自転車に乗るとピッタリとサドルに当たる部分が骨盤底筋なんですよ。

 

また、椅子に座ると両方のお尻に骨が当たりますね、

 

その骨の内側の部分で恥骨から尾骨にかけてひし形の形をして広がっています。

 

椅子に座ってトレーニングをする時は、股間にタオルをあててトレーニングをすると骨盤底筋の動きを感じやすいかもしれません。

椅子とタオル

このようにタオルをロール状にして股間にあたるようにしてください。タオルで感じられないのならバスタオルなど大きくしてみてください。

 

ポイント2:骨盤底筋に意識をフォーカスする

骨盤底筋の場所が分かったら、そこをギューッと締めてみましょう。

 

椅子に座っていると座面に接しているので骨盤底筋が動くのを少し感じられるかもしれません。

 

ちょっと動いているかどうか分かりません…

産後尿漏れで悩んでいる女性

 

分からなくても心配しないでくださいね。そういう方も多くいらっしゃいますから。

ゆきえ

 

動いているかハッキリと分からない人は、以下の方法で確認をしてみてくださいね。

動いているか確認する方法は

 排尿している途中で尿が止まるかどうか
 しかし、尿道に負担がかかるためこれを頻繁にするのはダメ!

 膣に指を入れて締まるかどうか

 

これらの確認で、尿を止めることができたり、指に締まる感覚があれば骨盤底筋が動いていることになります。

 

ポイント3:動かす時にイメージしてみる

そんな簡単に言われても動かないわよ!

産後尿漏れで悩んでいる女性

 

Aさん、顔が変わってる!それほどイライラするってことですよね。では動かす時にイメージをしてみましょう。

ゆきえ

 

動かす時のイメージは

 自分のお尻からしっぽがはえていると想像してください。そのしっぽをクルクルと自分の方向に丸める様なイメージ

 尿道と肛門を前後でギューッとくっつけるイメージ

 クリトリスをお辞儀させるようなイメージ 

 肛門を前後でギューッとくっつけたら、膣の中に皮膚がメリメリと入っていくイメージ

 

骨盤底筋は、インナーマッスルの1つで関節運動が伴わないためとても自覚がしにくい筋肉です。

 

そのため、イメージしながら動かすことはとても有効です!

 

ポイント4:骨盤を正しい位置にして動かす

骨盤が前に傾いていたり、後ろにズリっとしていると骨盤底筋は均整が保たれず効果的に動かすことができません。

 

そのため、骨盤底筋を鍛える時は、正しい姿勢を意識して動かしましょう。

 

もっと詳しい骨盤底筋トレーニングについてはこちらの記事を参考にしてください。

骨盤底筋トレーニングをするなら骨盤底筋をしっかりと意識しましょう!

骨盤底筋の正しいやり方 あなたはきちんと動かせていますか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうあ。

 

産後1年以上続いている尿漏れで、あと一歩のところで漏れてしまう人は、骨盤底筋トレーニングに加えて以下の2点に注意してみてください。

  • トイレに行こうとする前に骨盤底筋を締める
  • お腹に力が入らないようにする

骨盤底筋をしっかりと鍛えて、この2点に注意すればあと一歩のところで漏れる尿漏れは改善していくでしょう。

 

しかし、どちらにしても骨盤底筋トレーニングは産後の尿漏れには大切なトレーニングとなります。

 

今回ご紹介した骨盤底筋トレーニングのポイントをふまえてご自分でやってみても

  • 骨盤底筋がどこだか分からない
  • 骨盤底筋が本当に動いているのか分からない
  • きちんと正しいトレーニング方法が知りたい
  • 膣が締められているのか分からない

こんなことで動かし方に不安を感じている時は一度ご相談ください。

 

骨盤底筋は、関節運動がないので動いているかどうか自分では分かりにくい筋肉です。

 

一生懸命トレーニングしていても実は骨盤底筋が全然動いていなかったということは少なくありません。

 

そして、産後の骨盤底筋に関するトラブルで、尿漏れや夫婦生活などでお困りの方にも、私は看護師とカウンセラーの経験を活かしご相談にのることができます。

 

お1人で悩まずに一度ご相談ください。

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください