女性のデリケートゾーンについて看護師歴20年以上の私がアドバイス

骨盤底筋トレーニングの正しいやり方 あなたはきちんと動かせていますか?

ゆきえ
WRITER
 
骨盤底筋体操アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。 骨盤底筋こつばんていきんパーソナルトレーナーの北條ほうじょうゆきえです。

 

みなさんは、骨盤底筋トレーニングって聞いたことがありますか。

 

骨盤底筋トレーニングをマスターすることは女性にとってメリットなことばかりなんですよ。

 

今日は、その骨盤底筋トレーニングがどんなトレーニングか簡単にお話ししたいと思います。

 

骨盤底筋はどこの筋肉?

骨盤底筋

骨盤底筋こつばんていきんは、恥骨ちこつ尾骨びこつをハンモックのようにつながっている筋肉です。

 

恥骨と尾骨を繋げて、臓器を支えているのが骨盤底筋なのです。

 

女性の骨盤底筋の中央には、お腹側から尿道にょうどうちつ肛門こうもんがありますね。

 

骨盤底筋は女性にとって大切なものがあるのね。

花子さん

 

そうなの。だから骨盤底筋を鍛えることは女性にとってとても大切なのよ。

ゆきえ

 

骨盤底筋の動かし方

みなさん、骨盤底筋を動かしてみてと言われたら動かすことはできますか?

 

きっと、急に骨盤底筋を動かしてと言われても、どこを動かすのか、どうやって動かすのか戸惑うと思います。

 

骨盤底筋の場所は分かったけど、どこに力を入れていいのか分からないわよ。

花子さん

 

そうよね、急に言われても分からないわよね。花子さんみたいに力の入れ方が分からない人や間違って動かしている女性はとっても多くいるのよ。

ゆきえ

 

1.先ずは肛門を締めてみる

先ずは、オナラを我慢するように肛門を締めてみましょう。

 

この時、お尻を持ち上げたり、お尻のほっぺたにギューッと力が入らないように注意しましょう。

 

肛門だけをギュッと締めることが大切です。

 

肛門だけをギュッと締めるのね!

花子さん

 

そう!ギュ~っと締めてみて。それで動けば先ずはOK。

ゆきえ

 

2.上に吸い上げる

肛門をギュッとしめたら、腹筋を使わずに肛門を引き上げる様な吸い上げる様なイメージをして動かす。

 

肛門を締めるだけじゃダメなのね?

花子さん

 

そうなの、骨盤底筋は肛門を締める筋肉の奥にある筋肉だから肛門だけを締めてもダメなの。肛門の奥を意識することが大切なのよ。

ゆきえ

 

肛門を締めるのは、あくまでも骨盤底筋を動かすためのきっかけです。

 

肛門を引き上げるイメージをすることで、その奥にある骨盤底筋が動くんですよ。

 

骨盤底筋トレーニングをする時の注意点

骨盤底筋を効果的に動かすためにいくつかのポイントがあります。

 

ただ動かしてもダメってことね。

花子さん

 

そうなの。骨盤底筋は見えない筋肉で、直接触れられない筋肉だから凄く意識して動かす必要があるのよ。

ゆきえ

 

お腹やお尻を動かさない

骨盤底筋を効果的に良好に動かすにはお腹やお尻の筋肉を動かさないようにするのがポイントです。

 

余計な筋肉は動かさないってこと?

花子さん

 

そうなの、腹筋やヒップアップをしているだけで骨盤底筋が全然動いていない人って沢山いるのよ。例えばこんな感じの。

ゆきえ

 

仰向け×

 

リラックスした姿勢で行う

余計な所に力が入らないようにリラックスした姿勢で骨盤底筋トレーニングをするのが大切です。

 

リラックスしながら骨盤底筋を動かすのね。

花子さん

 

そうなの。リラックスしながら骨盤底筋を締めるのって難しいの。だから、こんなふうに仰向けに寝た状態とか

ゆきえ

仰向け

 

 

椅子に座っていたら、こんなふうに必ず背もたれにもたれてリラックスしてやることが大切なの。

ゆきえ

座位

 

 

立っているなら、こんなふうに机や壁にもたれて、力がどこかに逃げるような体勢でリラックスすることが大切よ。

ゆきえ

机にもたれる

 

息を止めない

息を止めて思いっきり動かしがちですが、息を止めると全身が力んでしまいます。

 

ゆっくりと呼吸しながら動かしましょう。

 

呼吸をしながら動かすのは難しいわね。

花子さん

 

そう、意外と難しいの。息をゆっくり吐きながら骨盤底筋を締めあげるの。

ゆきえ

 

息を吐きながら締めるの?難しい!

花子さん

 

でしょ。息をゆっくりと吐きながら腹筋が動かないようにして骨盤底筋を締めるのよ。

ゆきえ

 

もっと効果的に骨盤底筋を鍛えるために

骨盤底筋をより効果的に鍛えるためには、2つの動きを混ぜて行うことと、隙間時間でチョコチョコ動かすことが大切です。

 

ゆっくりな動きと早い動きを交互に行う

 

ゆっくりの動きと早い動き?

花子さん

 

そう、ゆっくりな動きは息を吐きながらゆっくり3~5秒かけて締めて、ゆっくりと3~5秒かけて緩めていくの。そしてインターバルをおいて休んで息を整えてから、またゆっくりと動かすの。

ゆきえ

 

早い動きは?

花子さん

 

早い動きは、呼吸はもう気にしなくていいから、キュッ、キュッと締めて緩めるを早く繰り返すの。このゆっくりな動きと早い動きを10回ずつを1クールとして1日5~6回動かしてみて。

ゆきえ

 

隙間時間でやる

改めて骨盤底筋を鍛えようとするとなかなかできません。

 

骨盤底筋トレーニングを無理なく続けるためには日常生活の隙間時間を使ってやることです。

 

隙間時間で動かすのね。

花子さん

 

そう、椅子に座っていたら背もたれにもたれてリラックスしていればできるから、電車で座っている時とかね。後は、テレビのCM中に動かしたり、お風呂の時に動かしたり。トイレが済んだ後に早い動きだけとかチョコチョコ動かすとかね。

ゆきえ

 

改めて時間を作らないで気づいたらチョコチョコ動かすってことね。

花子さん

テレビ鑑賞

そう、全然動かさないよりチョコチョコ意識して動かすことが大切なの。こんなふうにダラ~っとテレビを見ているだけじゃなくて、骨盤底筋もチョコチョコ動かしてみるの。

ゆきえ

 

骨盤底筋トレーニングでありがちな間違え

骨盤底筋トレーニングというと息を止めて、思い切りお尻を締めたり、腹式呼吸で腹筋を動かす人がいらっしゃいますが、

 

このような動きは間違えです。あくまでも骨盤底筋だけを締めるのが良い動きなのですよ。

 

思いっきりお尻を上げる

ヒップアップ
※これは、主にお尻の筋肉を鍛える動きです。

 

四つん這いで背中を丸める

猫ポーズ
※これは、主にお尻やウエストを鍛える動きです。

 

ヨガポーズ

ヨガポーズ1
※これは、主に太ももやお尻を鍛える動きです。

 

スクワット

スクワット
 ※これも主に太ももやお尻を鍛える動きです。

 

 

腰を回す

腰回し
 ※これは、主にウエストに効く動きです。

 

以上のような体操を普通にやっているだけでは、骨盤底筋は殆ど動いていません。

 

このような体操で骨盤底筋を鍛えようとするならば、骨盤底筋に意識を集中しなくては動かないのです。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は、骨盤底筋の正しい動かし方について簡単にまとめてみました。

 

ザックリ言うと、骨盤底筋を動かす時に大切なことは、力まずにリラックスした状態で行い、骨盤底筋だけを意識して動かすことです。

 

骨盤底筋トレーニングは、動かしていても他の誰かも気づかれない地味な動きなんです。

 

みなさんも、これから骨盤底筋トレーニングを日常に取り入れ、気づいたらいつでもどこでも動かすようにしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください