産後で仕事復帰したら尿漏れパッドが離せない…どうしたらいいの?

産後の女性へ

こんにちは。看護師歴25年、 骨盤底筋トレーニング【YUI】の 北條裕紀恵です

  • 仕事で重いものを持って…
  • 仕事で息張って…

産後の尿もれは、くしゃみをした時だけだったのに仕事復帰し体を動かすと尿もれが頻繁に…

それからというもの、尿もれが不安で仕事の時はパッドが離せなくなったという女性は少なくありません。

パッドをずっと付けていて仕事をするのは不快ですよね。

でも、そのまま放置していても軽快しませんから今のうちからしっかりと正しい骨盤底筋トレーニングで鍛えていきましょう。

産後で仕事復帰したら尿漏れするように…

育休明けで仕事をして体を動かすようになったら頻繁に尿もれするようになったという女性は少なくありません。

育休中は、ずっと子どもと一緒にいたため体を大きく動かすことも少なく尿もれするような動作はしていません。

でも、仕事では家にいる時より活動的になりますから、その分尿もれする機会も増えます。

通勤時に信号でダッシュしたら尿もれ…

出勤時に急いで、信号が変わる前にダッシュをしたら尿もれしてしまった。

その後は、仕事で重いものを持ったり、同僚との会話で笑ったりして尿もれの機会が増えて不安になります。

このようなお腹に圧がかかって漏れるのを腹圧性尿失禁と言います。

あの日から心配で尿漏れパッドが離せなくなった…

一度尿もれを体験すると、いつ漏れるか不安なため常にパッドば離せなくなります。

でも、常にパッドをしているのは

  • 蒸れる
  • かぶれやすい

などのパッドを使うことでの不快があります。

そして、パッドをしていれば安心というのは根本的な解決策にはなりません。

不安の軽減ために現状と今後のリスクを知り、対策を!

産後に尿が漏れるのは、膣からの出産で骨盤底筋という筋肉の衰えが原因です。

本来なら、お腹に力を入れても骨盤底筋でしっかりと支えられているので尿漏れはしません。

しかし、骨盤底筋が衰えていると尿の通り道がグラグラしてしまい尿漏れしてしまいます。

尿漏れgif

骨盤底筋が弱っているのをそのまま放置してしまうと、今後は女性特有の症状が現れるかもしれません。

それは、膣から膀胱や子宮・直腸が落ちてくる骨盤臓器脱というものです。

骨盤臓器脱(子宮脱)とは

膀胱瘤

膣から膀胱が落ちてくる

膀胱瘤gif

子宮脱

膣から子宮が出てくる

子宮gif

直腸瘤

膣から直腸が落ちてくる

直腸gif

今後、このような女性特有の不快なリスクを軽減するためにも今から下記のことをやりましょう!

  • ダイエット
  • 正しい骨盤底筋トレーニング

腹圧性尿失禁に効果的なダイエットと骨盤底筋トレーニング

もし、あなたが産後に太ったと自覚しているならちょっと本気でダイエットしてみませんか?

ダイエット

体重の増加は尿漏れととても深い関係にあり、体重が落ちると尿漏れは良くなると言われています。

また、産後にお腹周りのお肉が増えていませんか?

お腹の肉は膀胱を圧迫するため尿もれのリスクになります。

仕事に育児にダイエットの暇がないなら食事管理で減量を頑張りましょう。

そして、骨盤底筋の衰えはありますのでダイエットと同時進行で骨盤底筋トレーニングをしましょう!

骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋

どうしたら骨盤底筋を効果的に鍛えられるのか?

骨盤底筋を効果的に鍛えるためには、骨盤底筋をきちんと意識して自分の意思で動かすことが大切です。

また、骨盤底筋を効果的に鍛えるためには下記の3つのコツが大切です。

  • 骨盤底筋の場所を理解し自分の意思で動かす
  • 全身リラックスして骨盤底筋だけを動かす
  • 呼吸を使って効果的に動かす

あなたは、全身に余計な力を入れず骨盤底筋だけを意識して、また呼吸と連動させて動かすことができますか?
骨盤底筋を自分で効果的に鍛えるための5つのコツを教えます
骨盤底筋トレーニングの正しい方法は力を入れる方向と呼吸に注意する

お客様の声

※個人の感想のため全ての方に当てはまるわけではありません

プロフィール

  • 45歳
  • 膣からの出産3回
  • 産後に膀胱瘤と直腸瘤、子宮も下垂気味

骨盤臓器脱をネット検索をしたり産院に行ったり、そして骨盤臓器脱専門の病院にも行きましたが悩みは解決しませんでした。

専門の医師には聞けなかった夫婦生活や自慰行為のことも相談できると思い、コンタクトを取らせていただきました。

直腸瘤で便がスムーズに出なく、また夫婦生活がなく夫も私もこの病気のために性行為を控えている状況でした。

いろいろ悩んでいたところ、北條さんに出会えたことに感謝しています!私の話を沢山聞いていただき、アドバイスも親身に答えてくださり、良かったです!

詳しくはこちら
相談後は前向きになり夫婦生活も復活しました!

プロフィール

  • 40歳前半
  • 36歳で膣からの出産
  • 赤ちゃんは3150g

産後1年目、37歳の時、子どもとトランポリンでジャンプをした時かなりの量が漏れました。
「あぁ私、この年でお股がゆるゆるなんだなぁ。大丈夫?このままでいいのかなぁ」と思っていました。

自己流でやっていたトレーニングは力の入れどころをかなり間違えていました。
専門家としての信頼感、そして看護師やカウンセラーであることから「恥ずかしさを受けとめてくださる」という懐の大きさを感じました。

ほったらかしにせず、早いうちに相談され、正しいトレーニング法を身に着ければ改善できます。
いくつになっても夫婦生活を続けることもできると知り、それも自分がトレーニングをやるかやらないかに掛かっているなと感じています。

ご指導ありがとうございました。
詳しくはこちら
周りのママは尿漏れないの?私だけ⁉

プロフィール

  • 40代
  • ヨガインストラクター
  • 2人目の産後から尿漏れ
  • 32歳で1人目出産、3350g、会陰裂傷
  • 34歳で2人目出産、2850g、会陰切開

ゆきえさんのブログを読ませてもらって、骨盤底筋トレーニングを自分で数回やってみました。
でも、ピンとこなくてこんなもんかな~って思っていました。

自分が思っていた骨盤底筋の場所やトレーニングのやり方は全く違っていました!
教えてもらっているうちにコツがつかめてきてできるようになりました。

尿漏れが良くなるとか今まで考えたことがなかったんですがトレーニングをすれば良くなるって気づかされました!
一生パッド使うとか手術をするとかよりトレーニングをマスターした方が安く済むし、本当に今の内に教えてもらって良かったです!

詳しくはこちら
ヨガインストラクターでも難しかった

まとめ

産後、体を動かすようになってから尿漏れが気になるようになったという女性は少なくありません。

これまでの研究で、膣からの出産回数が増えれば尿漏れのリスクが増えるというデータもあります。

忙しいからと尿もれを放置していては軽快しませんし、今後他のリスクも高まります。

そのため、今から積極的にダイエットと骨盤底筋を鍛えていきましょう。

そして、正しい骨盤底筋トレーニングをマスターしたいという方はぜひご連絡ください。

お申込み

 無料相談はこちら

 完全予約制
 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
 場所:神楽坂駅1a出口徒歩2分、牛込神楽坂A3出口徒歩3分、東京メトロ飯田橋駅B3出口徒歩7分
 新規来店無料相談 60分、新規オンライン相談60分5,000円

関連記事

予約カレンダー

2021年6月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
×
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2021年5月