臨床経験20年以上の看護師が正しい骨盤底筋トレーニングを指導します

LINE@登録で女性特有の症状を回避する8つのポイントE-BOOKをゲット

【骨盤底筋トレーニングの感想】ヨガインストラクターでも難しかった

ゆきえ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!看護師臨床経験かんごしりんしょうけいけん20年以上、骨盤底筋こつばんていきんパーソナルトレーナーの北條ほうじょうゆきえです。

 

今回は、私の骨盤底筋トレーニングを受けてくださった、Yさんの感想をご紹介します。

 

Yさんはヨガインストラクターとして働いていらっしゃいます。詳しいプロフィールはこちら

Yさんのプロフィール
  • 40代
  • 32歳、34歳で膣から出産
  • 1回目 3350g 会陰裂傷えいんれっしょう
  • 2回目 2850g 会陰切開えいんせっかい
  • 2人目出産後から尿漏れあり
  • ヨガのインストラクター

プロフィールは、イニシャルや年齢などで個人が特定できないように配慮し、感想のアップについてご本人に許可を頂いています。

 

また、感想についてのアンケートは、直筆で個人が特定できないようにするためアンケート写真は撮らず、ゆっくり書いていただくためにトレーニングの後日にメールで答えていただいています。

 

Yさんのトレーニングを受けるまでの経過

Yさんは、30代前半で膣からの出産を2回経験し、1回目は会陰裂傷、2回目は会陰切開と負担のかかる出産をしていました。

 

Yさんはヨガのインストラクターをしていますので、膣を締める様な動きは知っていて自分でも動かしていたそうです。

 

しかし、2回目の出産以降、くしゃみをしたり走ったりした時に尿漏れを自覚されていました。

 

私のトレーニングを実際に受ける前は、このブログを読んで自分なりに骨盤底筋トレーニングを頑張ってくださっていました。

 

私の骨盤底筋トレーニングを受ける前に何か悩みはありましたか?

Yさんモザイク

2人目を産んだ後、走ったりくしゃみをしたりするとちょっと尿漏れすることがありました。

 

ゆきえのアイコン

「そうだったんですね。産後に尿漏れになる女性は多いです。また、産後3ヶ月以降も尿漏れが続く人は、慢性化すると言われています。」

 

Yさんモザイク

「そして、私は会陰裂傷と会陰切開をしているので、もう機能しないかもという不安もありました」

 

ゆきえのアイコン

「膣から出産時の医療介入(吸引、鉗子分娩や会陰切開)は、産後の尿漏れリスクを高めると言われています。膣周辺に傷が付いたら心配になりますよね。」

 

そのお悩みに対して自分でしたことは何かありますか?

Yさんモザイク

「ゆきえさんのブログを読ませてもらって、骨盤底筋んトレーニングを自分で数回やってみました。でも、ピンとこなくてこんなもんかな~って思っていました。」

 

ゆきえのアイコン

「そうなんですよね。自分でトレーニングしてみてもYさんのようにピンとこない人は沢山いらっしゃるんですよ。それは、普段の生活で骨盤底筋を意識する動作ってほとんどないからです。

そして、骨盤底筋は自分で凄く意識しないと動かない筋肉ですからなかなか難しいんです。」

 

Yさんモザイク

「ヨガでそういう動きは確かにありますけど、意識するところが違っていました!

そして、私は自分で膣に指を入れて確認もしてみたんですけど動いているかどうかハッキリ分かりませんでした。」

 

なぜ私の骨盤底筋トレーニングを受けようと思いましたか?

Yさんモザイク

「もう自分でやってもきちんとできているのか、できていないのか分からなかったので、本人に一度きちんと教えてもらえば分かるかもと思ったんです。

そして、普段よくみる骨盤底筋トレーニングとはちょっと様子が違っていたし、専門でやっている人からきちんとした情報とトレーニングの方法を知りたかったんです。」

 

ゆきえのアイコン

「自分でやっているとその動きが正しいのか、きちんと動いているのか分からなくなりますよね。

そして、尿漏れに良いと言われているトレーニングはいろんなものがありますね。いろんなトレーニングがありますけど、一番大切なのは骨盤底筋をしっかりと動かすことができるかどうかなんです!

骨盤底筋が動いているか自覚できなくては効果的なトレーニングとは言えません。

 

私の骨盤底筋トレーニングを受けた結果どうでしたか?

Yさんモザイク

「自分が思っていた骨盤底筋の場所やトレーニングのやり方は全く違っていました!

骨盤底筋の場所は根本的に間違っていて、恥骨から尾骨までの大きい部分で驚きました!

一番良かったのは、骨盤底筋の場所がよく分からなくて、ゆきえさんの骨盤底筋に触れさせてもらって、実際の動いているのを手で触って確認できて、ここだったのか!こう動くのか!って分かってビックリでした!」

 

ゆきえのアイコン

「あの時、私の動きを触ってもらった方が体感してもらえると思って触っていただきました。」

 

Yさんモザイク

「トレーニングのやり方も力の入れる方向も違っていました。動かして速攻、ゆきえさんに力の入れる方向が逆ですって突っ込まれたw」

 

ゆきえのアイコン

「Yさんは、頑張って動かそうとして息を止めて息んでいて、押し出すように骨盤底筋に負荷がかかる動きをしていました。

押し出すのではなく自分の方向に吸い上げるのが正しい動きですね。」

 

Yさんモザイク

「あと、力の入れ方や動かし方、また他の部分を動かさないようにや息を吐きながら動かすという細かいところまでチェックしてもらえました。

骨盤底筋だけを動かすというのは、とても穏やかな動きですが集中力が必要な動き。最初は、難しくてなかなかコツがつかめませんでした。教えてもらっているうちにコツがつかめてきてできるようになりました。

トレーニングの期間や回数を教えてもらってどれだけやればいいかが分かりました。」

 

その他、全体的な感想

Yさんモザイク

「自分で骨盤底筋のトレーニングをきちんとしているのに、どうして尿漏れが全然良くならないんでろうとずっと思っていたんです。でもそれは、自分のトレーニングがきちんとできていなかったからだというのがよく分かりました。

きちんとトレーニングすればもっと良くなるし、自分が年をとってからもずっと使えるもの。一生使うものなので、きちんと学んで良かったです。

毎日どうやってトレーニングするかも教えてもらえたし、これからやってみて尿漏れから解放されるのが楽しみです!

私は、会陰切開をしていたから尿漏れはそういうもの。尿漏れが良くなるとか今まで考えたことがなかったんです。出産して、会陰切開をしていたら尿漏れは普通なのかなって、そういうものなのかなぁって思いこんでいました。

それが、トレーニングをすれば良くなるなんて、そうなんだ!って気づかされました!

尿漏れがひどくなって、一生パッド使うとか手術をするとかよりトレーニングをマスターした方が安く済むし、本当に今の内に教えてもらって良かったです!

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は、骨盤底筋トレーニングを受けてくださったヨガインスタらくたーのYさんの感想をご紹介しました。

 

そして、トレーニングを受けてくださった1ヶ月後、Yさんから、尿漏れは以前より良くなったけど、トレーニングを怠けると、またちょっと尿漏れするので頑張って継続しますと連絡がありました。

 

Yさんのように、尿漏れしている事実を

  • 出産しているから普通そうでしょ
  • 会陰切開していたらそんなもの
  • 尿漏れは仕方ないもの

と思っている女性がいたら、そうではないことを知っていただきたいです。

 

尿漏れは、普通ではないし良くなる方法は必ずあります!

 

30代、40代で尿漏れがある女性は、何もしなければそのまま尿漏れが継続するか悪くなる可能性がありますから今の内に対策を講じましょう!

 

骨盤底筋を効率よく効果的に鍛えるためにはコツがあります。この機会に正しい骨盤底筋トレーニングをマスターしませんか?

 

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください