臨床経験20年以上の看護師が正しい骨盤底筋トレーニングを指導します

LINE@登録で女性特有の症状を回避する8つのポイントE-BOOKをゲット

【骨盤底筋トレーニングの感想】周りのママは尿漏れないの?私だけ⁉

ゆきえ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。看護師臨床経験20年以上、骨盤底筋こつばんていきんパーソナルトレーナーの北條ほうじょうゆきえです。

 

産後、子どもと一緒に縄跳びやトランポリンをした時、「うわわ!危ない!漏れる!」なんてなったことないですか?

 

今回は、そんな体験をしたママが私の骨盤底筋トレーニングを受けてくださり、感想を頂きましたのでご紹介します。

 

感想をくださったKさんのプロフィールはこちら

Kさんプロフィール
  • 40歳前半
  • 36歳で膣から出産
  • お子様の出生体重:3150g

 

Kさんが尿漏れを自覚したのはこんな状況でした

Kさんは、出産前は縄跳びや激しいジャンプで油断できない状況ではあるものの尿漏れをしたことはありませんでした。

 

ゆきえのアイコン

「Kさんが尿漏れを自覚したのはいつですか?」

 

瑞枝さんアイコン2
※写真はご本人の許可を頂いています。

産後1年目、37歳の時、子どもとトランポリンでジャンプをした時、”あ!漏れるかも⁉”と思ったら、ギュッと止められずにそのままかなりの量が漏れました。」

 

ゆきえのアイコン

「子どもと遊んで、トランポリンや縄跳びで漏れてしまったというママの話はよくありますよ。現在はどのような状況で漏れますか?」

 

瑞枝さんアイコン2

「ジャンプした時やトイレを我慢している時に走ると漏れます。ギリギリまで尿意を我慢して、トイレでズボンを下ろす時に自力で止められないことがあります。」

 

ゆきえのアイコン

「尿漏れのために日常生活で制限していることはありますか?」

 

瑞枝さんアイコン2

「ギリギリまで貯めると直前で止められなくなるので、 こまめにトイレに行って排泄していました。

 

ゆきえのアイコン

「尿漏れするようになって、Kさんはどんな風に感じましたか?」

 

瑞枝さんアイコン2

あぁ私、この年でお股がゆるゆるなんだなぁ。大丈夫⁉このままでいいのかなぁと思っていました。

 

私の骨盤底筋トレーニングを受ける前に何かお悩みはありましたか?

瑞枝さんアイコン2

「この年齢でも油断すると漏らすような事があり、このままで大丈夫だろうか?と感じていました。

周りのママ友に聞いても、私みたいに漏れる人もおらず「えー私だけ?!ヤバいくらいゆるいんじゃないの?」と危機感を感じていました。

 

そのお悩みに対して自分で何かしたことはありますか?

Kさんが初めて尿漏れを自覚してから、今回の骨盤底筋トレーニングを受けるまで3年以上は経っています。

 

ゆきえのアイコン

「今回のトレーニングを受けるまでにご自分で何かされていましたか?」

 

瑞枝さんアイコン2

飛び跳ねることをすると漏れるので、極力そういう動きはしないようにしていました。

危機感を感じつつも、どう改善していけばいいのか分からず、病気でもないしと思い、ゆきえさんのブログに出会うまでは見て見ぬふりをしていました。」

 

Kさんの排尿パターンをチェックしてみると

Kさんにはハッキリとした尿漏れがあるため、状況を把握するために排尿の記録をしていただきました。

 

女性の尿漏れには大きく分けて3タイプがあり、タイプそれぞれで対応は異なってきます。

 

そのタイプを把握するため排尿の記録を書くことは大切です。

 

排尿の記録は、パターンをしっかりと把握するために3日間書いていただきます。

 

Kさんの排尿の記録はこちらです。
排尿日誌

 

この記録を見てみると、Kさんの朝起きた時の尿量は400~550mlです。このことから、Kさんの膀胱はしっかりと溜められる膀胱であることが分かります。

 

そして、Kさんはジャンプや走った時以外に尿漏れを自覚していないことから、Kさんの尿漏れタイプはくしゃみやジャンプで漏れるタイプだということが分かりました。

 

このタイプの尿漏れには、骨盤底筋トレーニングがとっても有効なんです。

 

なぜ私の骨盤底筋トレーニングを受けようと思いましたか?

瑞枝さんアイコン2

「ゆきえさんのブログに出会い、初めて「子宮脱」という言葉を聞き、私も間違いなく老年に入れば今よりも筋力が低下しますので、このまま何も手を打たずにいれば、子宮が出てくる病気になってしまうなと怖くなりました。」

 

ゆきえのアイコン

「そうなんですね。確かに、今は尿漏れが時々起こる程度ですけど、Kさんは骨盤底筋の筋力低下がありましたので、このまま何もしなければ、今後子宮脱になる可能性は否定できませんね。」

 

瑞枝さんアイコン2

「また、誰にも相談できていませんでしたが、夫婦生活では締めているつもりでも全然上手くできていない事を自覚し焦っていました。」

 

ゆきえのアイコン

「そうだったんですね、産後の膣のゆるみで夫婦生活に不安を感じているママは少なくありませんよ。しかし、今まで何もしていなかったわけですからね。これからドンドンと鍛えていけば、必ず自分で締められるようになりますよ。」

 

瑞枝さんアイコン2

「ゆきえさんのブログで骨盤底筋トレーニングの方法は詳しく書かれており実践していましたが、場所が場所なだけに上手くできているのか半信半疑なところもあって、確認して指導して頂きたく直接お会いする事にしました。」

 

「また、ゆきえさんは看護師だったという事や、骨盤底筋関連の記事が豊富にあり、私の知らなかったことが多く学べ、お股の専門家として「この方なら、今まで恥ずかしくて誰にも言えなかった事が安心して相談できそうだ」と、とても頼りがいを感じました。」

 

ゆきえのアイコン

「そうなんですよね、場所が場所だけに、そして事が事だけに誰にも言えないで悩んでいる女性は少なくありません。

また、病院に行っても男性の医師のため夫婦生活まで相談できないという女性は多くいらっしゃいますよ。」

 

骨盤臓器脱での夫婦生活の電話相談の感想はこちらの記事をお読みください。
電話相談の感想 相談後は前向きになり夫婦生活も復活しました!

 

私の骨盤底筋トレーニングを受けた結果どうでしたか?

瑞枝さんアイコン2

「まず、トレーニングを受ける前に「排尿日誌」を3日間記入することになりました。

この「排尿日誌」をつける事が私にとっては素晴らしく良い機会で、自分の排尿周期を知れただけでなく、量を客観的に把握できたことで自分の身体への信頼が増し、とりあえず不安だからとかなり頻繁にトイレへ行っていたのをやめ、本当の尿意が来た時だけに行くようになりました。

 

ゆきえのアイコン

「それは素晴らしい!本当に良かったです!

自分の膀胱の許容量を把握することはとても大切なんですよ。トイレが心配で尿が溜まっていないのにトレイに行くことは膀胱にとって良くありません。

しっかりと尿を溜めて、行きたいと思った時にトレイに行くことが大切ですよ。」

 

瑞枝さんアイコン2

「そして、実際に骨盤底筋トレーニングを受けると、自己流でやっていたトレーニングは力の入れどころをかなり間違えていました。そこを改善して頂いたことが大きいです。

また、機器を使い膣の圧を図っていただけたことで、自分の現在の実情を知る事ができて、本腰を入れてトレーニングをやらなければ良い方向へ改善されない事を数値からもひしひしと感じられました。」

 

ゆきえのアイコン

「やはり現状をしっかりと把握することは大切ですね。そうしないと人は自分の都合のいいように解釈してしまいますから、「まだ大丈夫」といろいろな言い訳をしてみて見ぬ振りをしてしまいますからね。」

 

その他、全体的な感想

瑞枝さんアイコン2

「HPで事前にゆきえさんのお顔を拝見していたことや、専門家としての信頼感、そして看護師やカウンセラーであることから「恥ずかしさを受けとめてくださる」という懐の大きさをお会いした時に感じ、実際に友人にも話せなかったお股の不具合を安心して何でもお話することができました。」

 

「私の年齢で、この程度の不具合では、実際に婦人科や泌尿器科に相談できるほどのことでもなく、でも、実際の生活ではヤバいなと感じていても一体どこに相談すればいいんだろう?と分からなかったり、年をとればみんなこんなものなのか?とスルーしがちです。」

 

「私の様に、産後、子供ファーストで自分のことはどうしても後回しにしがちですが、ちょっとおかしいな?と自覚のある方は、ほったらかしにせず、早いうちに相談され、正しいトレーニング法を身に着ければ改善できます。だから、ゆきえさんの骨盤底筋トレーニングをおススメします。」

 

「ゆきえさんのブログに出会ったことがきっかけで、おばあちゃんになるまで「骨盤底筋」を鍛え続けることが大事なんだと知りました。そして、そこをしっかり鍛えることで、いくつになっても夫婦生活を続けることもできると知り、それもこれも自分のトレーニングをやるかやらないかに掛かっているなと感じています。」

 

「ある程度の期間、自宅でトレーニングをして筋力が上がったと自覚できた頃に、また、ゆきえさんのトレーニングを受けてチェックして頂きたいなと考えています!ご指導ありがとうございました。」

 

まとめ

今回は、産後からジャンプなどで尿漏れを自覚していたKさんの感想をご紹介しました。

 

Kさんと同じように、子どもファーストで自分のことを後回しにしているママを現場でも沢山みてきました。

 

尿漏れは、深刻な問題じゃないかもしれないけど、放っておいても良くなりません。

 

もし、Kさんと同じような尿漏れがあり、「このままじゃいけないんだろうなぁ」とボンヤリと思っているとしたら、今の内に正しい骨盤底筋トレーニングを学んで早めに対応していきましょう。

 

Kさん以外の骨盤底筋トレーニングの感想はこちらです。
【骨盤底筋パーソナルトレーニングの感想】女性にとって大切なトレーニングだということを実感しました!

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください