50代・60代女性の尿もれは普通じゃない、諦めないで今のうちに対策を!

女性の尿漏れ

こんにちは。看護師歴25年、 骨盤底筋トレーニング【YUI】の 北條裕紀恵です

50代~60代女性で尿もれを経験したという方は沢山いらっしゃいます。

現在では、女性の尿漏れに関する情報や専用パッドなどのCMも多くみられ、女性尿もれの認知度は高まっています。

そのため、中高年女性の尿もれを普通のことと捉えている方が非常に多く、尿もれしていても仕方がないと諦めている女性は少なくありません。

50代~60代の中高年女性の尿もれは、決して普通のことではなく当たり前ではありません。

一番大切なことは、尿もれによって生活の質を落とさないことです。

もし、尿もれがあり以前より生活の質が落ちたと感じているなら積極的に対応すべきです。

長野県で行われた調査をご紹介します。

質問紙に回答した985人(男性:350人平均年齢62.5歳̟̟±11.2、女性635人平均年齢64.3±11.4)を対象にした調査です。

結果:尿失禁の有訴率は、男性で11.4%、女性で34.5%であり、年齢が高くなるほど有訴率も上昇した。

女性の尿漏れの頻度

年齢総数有訴率%週1回
人数(%)
週2~3回
人数(%)
1日1回
人数(%)
1日数回・常に
人数(%)
40-499228(30.4)24(26.1)2(2.2)1(1.1)1(1.1)
50-5917149(28.7)36(21.1)9(5.3)4(2.3)0(0.0)
60-6917660(34.1)34(19.3)14(8.0)7(4.0)5(2.8)
70-7916465(39.6)36(21.9)18(14.0)5(3.0)6(3.7)
80-3217(53.1)8(25.0)4(12.5)0(0.0)5(15.6)

引用:道川ら(2008)「中高年者における尿失禁に関する調査」,『日本公衛誌』7(55), pp449-445.
URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jph/55/7/55_449/_pdf

これから分かることは、女性の3割以上に尿もれがあるけど、7割近くは尿もれしていないというこです。

全体の3割以上の女性が尿もれを経験しているからといって、中高年の女性の尿もれは普通とはなりません。

そして、尿もれリスクは年齢が行くほど高くなりますから、ひどくならないうちに対策することが大切です

50代、60代女性で尿もれしている方、何か活動を制限していることはないですか?

あなたが50代、60代女性で尿もれをしていたら考えて欲しいのです。

あなたは、尿もれが原因で何か制限していることはないですか?例えば…

  • テニスやジムなど趣味や体力作りのスポーツ
  • 仲間や夫婦で行っていたハイキング
  • 仲間や家族などで行く旅行など

このような以前はしていたけど尿もれのために避けいていませんか。

また、以下のようなことはどうでしょうか。

  • 信号でのダッシュ
  • 縄跳び
  • 孫とのかけっこ

これらを日常で無意識に避けていませんか。

このような活動制限を無意識にしていると、知らず知らずに制限の幅が大きくなります。

その結果、楽しみが制限されてしまい引きこもりがちで心が沈んでしまう中年女性は少なくないんです。

以前普通にできていたことを尿もれで1つでも制限していたとしたら、やはり当たり前のことでないんです。

50代、60代女性で尿もれしたら先ずはこれを試してみよう!

50代、60代女性の方々が尿もれしたらどうしているか気になりますよね。

先ほどの長野県での調査では

【尿失禁に関して最初に相談する(だろう)相手】

横棒グラフ

引用:道川ら(2008)「中高年者における尿失禁に関する調査」,
『日本公衛誌』7(55), pp449-445.
URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jph/55/7/55_449/_pdf

この調査では、男性の割合の倍以上の女性が誰にも相談せずにそのままにしていることが分かります。

きっと尿もれしている女性の多くが、生活の中で何かを制限していたり、パッドをあてて様子を見ているのだと思います。

しかし、動かなければ尿漏れしない、パッドをあてていれば安心というのは根本的な解決にはなっていません。

このまま放置していても尿もれは良くなりませんし、悪化する可能性もあります。

尿もれには早めの対応が大切です。

尿もれしたら、先ずは骨盤底筋トレーニングをしてみよう!

骨盤底筋と言われる筋肉は、体の底にある筋肉で、臓器を支えたり排便をコントロールしたりする働きがあります。

骨盤底筋を効果的に鍛えるためには、骨盤底筋だけを動かすことが大切です。

どのようなトレーニングかイメージできない方はこちらの動画を参考にしてみてください。

もっと詳しく知りがい方はこちらの記事も参考にしてください。
骨盤底筋を自分で効果的に鍛えるための5つのコツを教えます

骨盤底筋トレーニングをして尿もれが軽減した事例

50代女性のSさんは、1年前からくしゃみをした時に尿もれが時々あるということで、私の骨盤底筋トレーニングを受けていただきました。

Sさんの感想

※個人の感想のため全ての人に当てはまるわけではありません。

1年前からくしゃみなどで少しだけ尿もれがありました。くしゃみは花粉の時期や風邪をひかない限り大丈夫なので様子を見ていました。

しかし、ジムに行ってで力んだ時に1回尿もれして、それからはもう尿もれが心配になって骨盤底筋トレーニングを自分なりにしてみたが上手くできず、トレーニングを受けてみようと思いました。

トレーニングを受けてみて、力の入れ方や締め方が違っていたのが分かりました。

私に合ったトレーニングプログラムも教えてもらったので頑張ってみます。

そして、トレーニングの2か月半後、Sさんからメールがありました。(Sさんから許可を頂いて掲載しています)

感想メール

骨盤底筋は直ぐに鍛えられる筋肉ではなくトレーニングには即効性はありません。だから、地道な継続が必要なんです。

Sさんのように地道にトレーニングを継続すれば、尿もれが良くなる可能性は十分にあるんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

50代、60代女性の尿もれは普通ではなく、仕方がないと放置してはいけません。

閉経すると筋肉が弱くなり、陰部周辺の粘膜が薄くなるため尿もれが悪化する可能性もあります。

  • 尿もれしたことあるけどそのまま放置
  • 尿もれは仕方ないと諦めている
  • 尿もれで楽しみを制限している
  • 今後悪化するのか不安

そんな50代、60代女性の方は、仕方がないとそのままにしないで正しい骨盤底筋トレーニングをマスターして今のうちから尿漏れ対策をしましょう。

正しい骨盤底筋トレーニングには副作用はありませんし、マスターしてしまえば一生使えます。

正しい骨盤底筋トレーニングをマスターしたい方はぜひご連絡ください。

お申し込み

 無料相談はこちら

 完全予約制
 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
 場所:神楽坂駅1a出口徒歩2分、牛込神楽坂A3出口徒歩3分、東京メトロ飯田橋駅B3出口徒歩7分
 料金(税込):初回来店90分16,500円、初回オンライン90分13,500円、初回相談のみ60分9,800円
※クレジットカード可(JCB以外)

関連記事

予約カレンダー

2021年7月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
×
31
2021年6月