女性のデリケートゾーンについて看護師歴20年以上の私がアドバイス

女性泌尿器科専門ナースが語る尿漏れ実体験!

ゆきえ
WRITER
 
尿漏れ体験アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは! 骨盤底筋体操指導者こつばんていきんたいそうしどうしゃで看護師の北條裕紀恵ほうじょうゆきえです。

 

これまでの記事で、女性は男性より尿失禁になるリスクが高いということや女性にとって尿失禁は珍しいことではないことを書いてきました。

 

そして、今回は何かのヒントになればと思い、私の尿失禁の実体験を書きたいと思います!

 

ゆきえさんも尿漏れしたことあるの?

花子さん

 

それがあるのよ!私の場合は切迫性の尿漏れでね。突然なったの。でも今では粘り強く膀胱訓練を続けたおかげで薬を飲まずに治ったわよ。

ゆきえ

 

治ったの!?治ったって聞くと尿漏れの人には心強いわね。

花子さん

 

そうよね。私の話が少しでも他の人のヒントになったら嬉しいわ。

ゆきえ




はじまりは…

診察風景

私は37歳になるまで排尿に関して問題は全くありませんでした。ちなみに出産経験はありません。

 

どちらかというとトイレは遠くて、1日5回程度だったんです。長時間トイレに行かなくても全然平気でした。

 

その私が排尿に関して不安になったのは、なんと女性泌尿器科担当になってからでした!

 

どうして女性泌尿器科担当になってから不安を感じるようになったの?

花子さん

 

それがね、お恥ずかしながら女性泌尿器科担当になるまで尿失禁とか頻尿とかの知識がゼロだったの。2010年に職場内の異動で女性専用外来の婦人科と泌尿器科担当になって、それらを勉強して知識を深めたの。そして泌尿器科外来診察の患者さまの症状を聞いているうちに、自分もいつかなるかもしれないって思うようになって、知識を深めれば深めるほど不安が大きくなってしまったの。それがきっかけ…

ゆきえ

 

え~~!そんなことで!

花子さん

 

そう、そんなこと。でもね、過活動膀胱かかつどうぼうこう(OAB)の一番の原因は突発性で原因不明なのよ。

ゆきえ

 

私の過去一番のピンチは

バス

私が一番トイレに困ったのは、2012年3月のタイ旅行でタイの離島に向かうバスの中でした。現地到着まで3時間~4時間ほどかかりました。

 

ちなみにこの時まで高速道路の渋滞でもトイレの不安を感じることはありませんでした。

 

バスの移動だったのね。

花子さん

 

そう。熱帯の国の乗り物ってキンキンに冷えているじゃない。そして、バスの中にはトイレがなさそうだったの。バス代にミネラルウォーターとお菓子がついていたんだけど、私はトイレが不安で水一滴も飲めなかったの。バスに乗る前にトイレ済ませたし汗もかいているのに。バスに乗っている間はトイレのことで頭がいっぱい。そして、トイレに行きたくなったらどうしようで、もうドッキドキ!

ゆきえ

 

異国だし、余計に不安よね。

花子さん

 

そう不安だった。本当に現地に着くまでドキドキが止まらなかったの。でね、結局はトイレに行かないで現地に着いたんだけど。現地についてバスから降りたらトイレに行きたいのはケロッと忘れて、船着き場でボートを待って、ホテルに着いてしばらくしてから、あ、トイレに行きたかったんだって思い出したの。

ゆきえ

 

結局は精神的なものってこと?

花子さん

 

そういうこと。膀胱には尿は溜まっていないのにトイレに行きたいかもって頭で不安になってたの。で、帰りのバスでもまた同じようにドッキドキして、バスターミナルについてらケロッとしていたの。トイレがないかもって思っただけで凄く不安になってしまったのね。

ゆきえ

 

そして、切迫性尿失禁せっぱくせいにょうしっきんになる

女性の尿漏れ

初めて切迫性尿失禁を体験したのは、2014年の冬でした。

 

仕事中、診察介助についているとトイレに行きたいと思っても直ぐに行くことはできません。

 

そして、何とか我慢してトイレに行って間に合ったとトイレの鍵を閉めた時にちょっとだけ漏れてしまいました。

 

トイレに入ったのに、そこで漏れたなんてショックね。

花子さん

 

初めて体験した時は、嘘っ!って思ったわよ。で、この尿漏れが切迫性尿失禁だどういうことは直ぐ理解できたわ。でもね、分かっているけど私でもやっぱりショックだったわよ。

ゆきえ

 

そうよね。分かっていても自分に起きたらショックよね。

花子さん

 

そう。本当に下着にほんの少し染みるだけなんだけどショックでね。でもこの時をきっかけに量は増えないけど回数が少しずつ増えていったの。

ゆきえ

 

でも薬は飲まなかったのね?

花子さん

 

そう。回数が増えたのも尿漏れへのプレッシャーが強くなったからだと思う。それとダメだと思ってもどうしても慌てちゃって膀胱訓練が上手くできなかったの。そして、原因は自分でも精神的なものだと思っていたから薬ではなくて自分で治そうと思って飲まなかったのよ。

ゆきえ

 

発症した原因を考えてみる

ストレスフル

私は2014年8月に離婚をして、生活が変わり自分ではあまり自覚はしていなかったのですが、やはり何らかのストレスはあったように思います。

 

2014年8月に離婚したのね。

花子さん

 

そうなの。離婚のストレスは自覚していなかったからそれが原因なんて思ってもみなかったの。

ゆきえ

 

でも、その冬に初めて発症してるものね。

花子さん

 

そうなの。それで、酷いときは毎日1回は漏れるようになって、さすがに落ち込んでね。それで仲の良い泌尿器科の女医さんに相談してみたの。そしたら、それ精神的ストレスが原因じゃない?って言われて。その女医さんも「私もストレス多い時に一時的になったよ」って言ってくれて。やっぱりストレスが原因なんだと自覚したの。それに他の原因は全くなかったからね。

ゆきえ

 

私のように、ある日突然、切迫性尿失禁を発症する人は多くいらっしゃいます。

 

また、お酒を飲むときだけ症状が出る方もいらっしゃいます。

 

私のように自覚していないストレスで発症した方は多いのではないでしょうか。

 

どんな時に症状が強くなったか

寒い

私の場合はやはり仕事中でした。

 

自分のタイミングでトイレに行けないため、トイレに行きたくなったら他のスタッフを探して仕事を変わってもらうこと度々ありました。

 

そして、冬の寒い時だけ発症しました。

 

そうよね。看護師さんは仕事中に行けないものね。

花子さん

 

そうなの。内診台での診察中に抜け出すことはできないから。ヤバい!と思った時は沢山あったわよ。

ゆきえ

 

冬ってことは寒いのがダメってこと?

花子さん

 

そうなの。冷えは膀胱に凄く影響あるのよね。ホッカイロとか使っていたけど、私はもともと末端冷え性だったから余計に冷えに反応したんだと思う。あとね、家の玄関に着くとトイレに凄く行きたくなることもちょっとあったわよ。

ゆきえ

 

飲み物とかは関係ある?

花子さん

 

そうなのよね~、飲み物は関係ある!私は超コーヒー好き!1日何杯もコーヒーを飲むからカフェインも影響していたの。あとは、ビール好き!ビールは利尿作用があるでしょ。だから飲み会では超頻尿になったわよw

ゆきえ

 

やっぱり飲み物とか飲む量とかも影響するわよね。

花子さん

 

そう、だから冬だけ気を付けていたわよ。でもね、飲み会の席でトイレが近くなった時、私の症状を知っていた泌尿器科部長のDr.Yoshこと嘉村医師が「あ~た、完全にOAB(過活動膀胱)!」って言われたわよ(笑)。

ゆきえ

 

こんにちは。日本排尿機能学会理事・日本女性骨盤底医学会役員・四谷メディカルキューブ泌尿器科部長の嘉村です。今回初登場。今後、度々出ると思います!なんか、そんなこと言った俺は悪者みたいじゃないのよ~

Dr.Yosh

 

自己紹介長っ!あ、すいません。でも私は先生に言われてもなんとも思っていないから大丈夫ですよ~!

ゆきえ

 

ひたすら膀胱訓練を繰り返す

膀胱訓練

私の場合は、寒い冬だけ発症しました。

 

そして、2014年初めて発症し翌年2015年もありました。

 

その度に、私は諦めずにトイレに行きたいと思ったら骨盤底筋を締めるという膀胱訓練を続けました。

 

そして、2016年には切迫感はあったもののそれによる尿漏れはなくなったのでした!

 

じゃあ、昨年の冬から治ったのね?

花子さん

 

そうなの。でもね切迫感はあるからやっぱり過活動膀胱の気はあるのよ。でも、膀胱訓練のコツを掴んでいるからもう大丈夫よ。

ゆきえ

 

膀胱訓練にコツがあるのね。

花子さん

 

そう、コツをつかむまで何度も失敗したわよ。でも、何度も諦めずにトイレに行きたいと思ったら骨盤底筋を締めて膀胱訓練をやったの。

ゆきえ

 

膀胱訓練の具体的にコツってなに?

花子さん

 

コツはね。やっぱり焦ってトイレに行かないことね!

ゆきえ

あせらない

焦らないか~難しいわよね~

花子さん

 

そう、だからコツをつかむまで時間がかかるの。先ずね、トイレに行きたい!って思ったら。思い切り全力で肛門を締める。肛門を締めたら肛門を押し出すんじゃなくて、直腸側に入れ込む様な吸い込む様なイメージでギュ~っと締めるの。そうすると、尿意がグワ~っと押し鎮まる感じが来るのよ。そのグワ~っと鎮まる感覚を掴めば膀胱訓練は成功だと思っていいと思う!

ゆきえ

 

そう!過活動膀胱には本当に膀胱訓練が有効なんですよ!そして、尿意が鎮まったらトイレと違うことを考える!女性の場合はね食事の献立を考えるといいと言われていますよ!

Dr.Yosh

 

そうでしたね。先生、それよく外来で患者さまに説明してますもんね!膀胱訓練をした時に、頭から地面に向かってグワ~っと波が引くような押し鎮まる感覚があります。その感覚を掴んでください。そして、鎮まったら焦らないでトイレとは別のことを考え深呼吸をしてトイレに向かうこと!トイレに入っても落ち着いて鍵を閉めて、深呼吸してオシッコとは別のことを考えてゆっくりと支度をすることがポイントです!

ゆきえ

 

尿漏れになったときのポイントは

悩む

ゆきえさんは、膀胱訓練を諦めずに繰り返して治ったのね。

花子さん

 

そう、失敗しても尿漏れなんて当たり前~と思って真剣に悩まなかったのも良かったのかもしれない。そして、最後の方は、尿漏れが酷くなっても治療法はあるからどうにかなるさと楽観的になってたかな。

ゆきえ

 

なるほどね~、尿漏れを体験しても落ち込まなかったのね?

花子さん

 

全く落ち込まなかったわけじゃないわよ。私だって初めはショックで泌尿器科にいるのに誰にも言えなかったのも。

ゆきえ

 

そうか、いくら専門にいるからって、ハイ!私も!なんて言えないわよね。

花子さん

 

そう、初めは一人でやばいな~って思ってた。でもそれも1ヶ月くらいかな。その後は、トイレに行きたくなったら同僚に頼まなきゃいけないし、看護師の私が悩んでちゃダメだって思って、1ヶ月後には周りのスタッフに「私最近OABっぽい」とか「まじでトイレ間に合わないからヤバい」とかしまいには「ちょっと最近漏れるけどやっぱ年かな」とか自分から言っちゃったわよ。

ゆきえ

 

言ったら周りはどうだった?

花子さん

 

私も笑いながら言ったから、他のスタッフも笑顔で「そうなんですか~」くらいで終わったかな。ま、オープンにするかどうかは本人が決めることだからね。私の性格上、黙ってられなかったから私から言ったの(笑)

ゆきえ

 

そうなのね。

花子さん

 

そして、本当に大切なことは、尿漏れになっても真剣に1人で悩まないこと。尿漏れは特別な事じゃないし治る方法はいくらでもあると思って落ち込まないってことが大切。どうしようもないくらいに悩んでいたらすぐに泌尿器科に相談して欲しいと思うわ。

ゆきえ

 

本当にそうです。女性にとって尿漏れは特別なことではありませんので一人で悩まないでください。お困りでしたら泌尿器科専門病院を受診してください。僕ら男性医師に言い辛いなら女性医師を選んで受診してくださいね。

Dr.Yosh

 

まとめ

私は、昨年2016年から切迫性尿失禁はありませんが、尿意切迫感はたまにあります。

 

そんな時は、直ぐに膀胱訓練をして切迫感を鎮めています。

 

ある程度の切迫性尿失禁は、膀胱訓練を習得すれば症状を抑えることができます。

 

膀胱訓練の方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

しかし、一度も泌尿器科を受診したことがなくて何らかの排尿の不具合な症状があるのなら、泌尿器科専門の診察を受けることをお勧めします。

 

たかが排尿の不具合であったも、その陰に大きな何かが潜んでいるかもしれません。

 

だから、泌尿器科は恥ずかしいとか嫌いとかの感覚で受診を拒まないで欲しいのです。

 

尿漏れは多くの人が体験している症状です。

 

もし、頻尿や尿漏れで悩んでいるのなら早めに泌尿器科を受診してくださいね。

 




この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください