臨床経験20年以上の看護師が正しい骨盤底筋トレーニングを指導します

LINE@登録で女性特有の症状を回避する8つのポイントE-BOOKをゲット

お風呂上りの漏れは膣からの湯漏れか尿漏れかを見分ける3のポイント

ゆきえ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。看護師臨床経験20年以上、骨盤底筋こつばんていきんパーソナルトレーナーの北條ほうじょうゆきえです。

 

お風呂から上がり、着替えた後にショーツが濡れてしまうことはありませんか。

 

このようなお風呂上がりにショーツが濡れてしまう原因のほとんどが膣からのお湯漏れです。

 

しかし、膣にお湯が入ってしまうなんて想像がつかないし、ショーツが濡れた=尿漏れと思ってしまう人って少なくありません。

 

え?尿道からか膣からかなんて分かるでしょと思うかもしれませんね。

 

でも、いざ自分がなってみると尿漏れというマイナスなイメージが先行して不安になり冷静に判断できなくなるものです。

 

そのため、今回は膣からの湯漏れなのか尿漏れなのかを見分けるポイントをお伝えします。

 

ポイントは、下の3つです。

  • お風呂上がり以外に漏れることはあるのか
  • 臭いはあるか
  • 湯漏れ対策をしてみてどうか

そんな単純なこと?と思ったかもしれませんが、実際に自分がなってみると案外できないものなんですよ。

 

お風呂上がりの膣からの湯漏れを尿漏れだと不安になるのは

お風呂上りにショーツが濡れてしまうのは、湯船に入って膣にお湯が入り込んでしまうからなんです。

 

膣にお湯が入ってしまうのは、膣のゆるみが原因で特に産後の方にこのお湯漏れは多くみられるようです。

 

しかし、お湯漏れは産後でなくても起こります。

 

そして、自分の膣がゆるんでいるかどうかなんて気が付きませんから、お湯漏れと思わずに尿漏れしたんじゃないかと思ってしまうんです。

 

尿漏れしたと不安だったけどお湯漏れだったという事例

実際に、9月に入ってからLINE@でこのようなご報告がありました。

 

LINE@やり取り1

この女性は、50代女性で腰椎ヘルニアあり、ヘルニアの悪化で尿漏れになったと不安になっていたそうです。

 

そんな時、私の湯漏れ対策の記事を読み、それを実践しくださって尿漏れじゃないことに気づいてホッとしたそうです。

 

そして、私はお返事で骨盤底筋トレーニングを頑張るようにとお伝えしました。すると、その方から約20日後にこんな嬉しい連絡がありました。

LINE@やり取り2

なんと、骨盤底筋を意識して締めるようにトレーニングをしたところ、お湯漏れが良くなった実感があるとのことでした!

 

このように、膣からのお湯漏れなのか尿漏れなのかと悩む女性は少なくないと思います。もし、不安な方は次の紹介するポイントをしてみてください。

 

膣からの湯漏れと尿漏れを見分けるポイント

ポイントは基本的な3つです。

  • お風呂以外に漏れることがあるのか
  • 臭いはあるか
  • 湯漏れ対策をしてみてどうか

 

1.お風呂上がり以外に漏れることがあるのかどうか

お風呂上がり以外にショーツが濡れるかどうかは重要なポイントです。

 

ショーツが濡れてしまったというショックから冷静に判断できないことがありますから、自分はどんな時にショーツが濡れているか落ち着いて観察してみましょう。

 

そして、もしお風呂以外でショーツが濡れることがあるのなら、それは尿漏れの可能性が高くなります。

 

尿漏れの可能性が高い時は、くしゃみやジャンプで漏れるのか、それともトイレに行きたいと我慢できなくて漏れるのかをチェックしてみましょう。

  • くしゃみやジャンプで漏れるのを腹圧性尿失禁ふくあつせいにょうしっきん
  • トイレに行きたくが我慢できずに漏れるのを切迫性尿失禁せっぱくせいにょうしっきん

といいます。

 

2.臭いはあるかどうか

ショーツが濡れてしまった時、わざわざ服を脱いでショーツの臭いをかぐことはしていないと思います。

 

しかし、尿道から出ているのか膣から出ているのかが分からなければ、これで判断することが大切です。

 

当然ですが、膣からのお湯漏れだったら臭いはしませんからこれは一度チェックしましょう。

 

3.お風呂上りにお湯漏れ対策をしてみる

お風呂上がりの膣からのお湯漏れには、湯船の入り方と体の拭き方を工夫すれば着替えてからのショーツの濡れは予防できます。

 

湯船の入り方

湯船には、お尻をずりっとして入らずに姿勢を正して入りましょう。

 

体の拭き方

着替える前に膣に入ったお湯を下記の方法で出してしまいましょう。

  • バスタオルをロール状にする
  • そのバスタオルを股間に当て挟む
  • 強く腹圧をかける
  • もしくは、しゃがみ込んで腹圧をかける

 

お風呂の時に膣に入ったお湯漏れについて詳しく知りたい方は下記の記事をどうぞ
女性の尿漏れ お風呂上りの尿漏れを改善すた3つの対策を教えます!

 

まとめ

いかがでしたか。

 

膣からのお湯漏れと尿漏れ、出てくるところが違うから分かりそうなものと思いがちですが、膣のゆるみの自覚が無かったり、常に尿漏れの不安があったりすると意外と判断できなくなるものです。

 

膣からのお湯漏れなのか尿漏れなのかを確認したい時は下記の方法を試してみてください。

  • お風呂上がり以外に漏れることがあるのか
  • 臭いはあるか
  • 湯漏れ対策をしてみてどうか

 

また、お湯漏れがあると行くことは骨盤底筋の筋力が弱くなっているというサインです。

 

お湯漏れを根本的に無くすためには骨盤底筋を鍛えることが大切です。

 

骨盤底筋を効果的に鍛えるためには骨盤底筋だけに意識的に動かすトレーニングが必要となります。

 

あなたは骨盤底筋だけを意識的に動かすことができますか?もしできないのなら私が効果的で正しい骨盤底筋トレーニングを指導します。

 

ぜひお気軽にご連絡ください。

 

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください