女性の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)、膣のゆるみを臨床経験24年の看護師がサポートします

【二人目を妊娠して尿漏れ】原因と5つの簡単対策を分かりやすく説明します

 
アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
北條裕紀恵
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。看護師臨床経験かんごしりんしょうけいけん24年、 骨盤底筋こつばんていきん トレーニング専門家の 北條裕紀恵ほうじょうゆきえ です。

一人目の妊娠では大丈夫だったのに、二人目を妊娠したら尿漏れする…


どうして尿漏れするんだろう?って思うかもしれません。


二人目を妊娠して尿漏れするのは、妊娠によるホルモンの変化というそもそもの原因の他に二人目妊娠特有の理由があります。


今回は二人目を妊娠して尿漏れしてしまう原因と簡単にできる対策についてお話しします。

二人目を妊娠して尿漏れする原因は

今まで尿漏れを経験してなかった人が、二人目を妊娠して尿漏れすると

  • やっぱり年かな
  • だんだん弱くなってるのかな
  • これから子育て大変なのに…


などと不安になるかもしれません。


二人目を妊娠して尿漏れする原因は、そもそもの妊娠による体の変化に加さらに二人目妊娠時ならではの理由があります。


それは、以下の3つ

  1. 一人目の出産によるダメージ
  2. 体重増加
  3. 活動量がアップ

それでは、1つずつ分かりやすく説明していきます。

※妊娠による尿漏れの基本的な原因はこちらを参考にしてください。
妊娠中の尿漏れの原因と対策を分かりやすく解説

1.一人目の出産によるダメージ

妊娠中の尿漏れの主な原因に、骨盤底筋の筋力低下があります。


骨盤底筋は、「臓器を支える」と「排泄をコントロールする」という働きがあります。

骨盤底筋イラスト

膀胱や尿道を支えている骨盤底筋が弱くなると、お腹に強い圧がかかった時に尿道が締まらず尿漏れしてしまうんです。


その骨盤底筋は、妊娠・出産で弱くなると言われています。


そして、出産時に下記のようなことが加わるとさらに弱くなるリスクが高くなります。

  • 会陰切開・裂傷
  • 腹部圧迫
  • 吸引分娩
  • 鉗子分娩
  • 赤ちゃんの体重
  • 分娩時間が長かった


一人目の出産で上記のようなことがあった場合、一人目の妊娠の時より骨盤底筋が弱くなっているのは確かです。


そのため、一人目でなかった妊娠中の尿漏れが二人目の妊娠で出てきてしまう人は少なくありません。

2.体重増加

妊娠を期に太る女性はとても多いですよね。


しかし、体重増加は尿漏れのリスクとなります。


特にお腹に肉がついた場合、その肉がお腹を圧迫している状態なので、くしゃみやジャンプをして尿漏れが起こりやすくなります。

体重増加での尿漏れリスクについてはこちらの記事を参考にしてください。
あなたのくしゃみやジャンプの尿漏れは体重増加が原因かもしれません

3.活動量がアップ

一人目の妊娠では自分のことだけしていればよかったのに、二人目になると子どもの世話をしなくてはいけませんよね。


そうすると、一人目より二人目の妊娠時の方が活動量がアップしているのは当然。


そして、お腹が大きい状態で一人目の子を抱っこしたり、一緒に遊んだりしていれば自然とお腹が圧迫されますから尿漏れしやすくなるんです。

二人目妊娠中の尿漏れ対策

二人目の妊娠で尿漏れすると、「子ども産んでるから仕方ないか…」と何もしないで様子をみがち。


でも、妊娠中の尿漏れは当たり前ではないのです。二人目を妊娠しても尿漏れしない人だってたくさんいるんです。


だから、何もしないで様子を見るのではなく今すぐできる対策をしていきましょう!


今すぐできる対策を5つをご紹介します!

  1. 尿漏れ専用パッドを使う
  2. 尿を溜めすぎない
  3. くしゃみで漏れる時は肛門を締める
  4. 神経質になりすぎない
  5. 安定期に骨盤底筋トレーニング

1.尿漏れ専用パッドを使う

一人目の子の子育てがあるため尿漏れのために活動は制限できないですよね。


そのため、尿漏れはどうしても避けられない!それなら尿漏れしても快適に過ごすことが大切。


これには、絶対に尿漏れ専用パッドです!


生理用ナプキンで代用している人も少なくありませんが、生理用ナプキンでは尿の吸収が悪く皮膚トラブルや尿路感染症を起こしやすくなります。


通販でも買えますので尿漏れ専用パッドを使いましょう。

使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。
【妊娠中の尿漏れ】パッドの選び方と使い方


生理用ナプキンと尿漏れパッドの吸収力の違いはこちらの動画で確認してください。

2.尿を溜めすぎない

骨盤の中は下の図のようになっています。

骨盤底筋イラスト

膀胱の後ろに子宮があるため、妊娠で子宮が大きくなると膀胱は圧迫されてしまいます。


そのため、膀胱に尿が溜まりすぎるとちょっとした動作で尿漏れしやすくなってしまいます。


必要以上に膀胱を空にしなくてもいいので、尿意があったら我慢をせずにトイレに行くようにしましょう。

3.くしゃみの尿漏れは肛門を締める

くしゃみや咳などで急激にお腹に圧がかかると尿漏れしやすくなります。


そんな時は、くしゃみや咳の前に肛門をオナラを我慢するようにキュッとしめましょう。


これは、ナック療法といわれ研究で一定の効果があることが分かっています。


Millerら(1998)は、この随意的な事前収縮を「Knack(ナック)」と名付けランダム試験を行った。その結果、実生活での失禁の治癒率は報告されなかったが、中等度の咳で98.2%、強度の咳で73.3% の尿失禁の減少を認めたと報告した。

引用文献:カリ・ボーほか(2017)『エビデンスに基づく骨盤底の理学療法―科学と臨床をつなぐ(原著第2版)』 野村昌良,鈴木重行監訳,医歯薬出版株式会社,pp186

ただ、くしゃみや咳は突然起こります。その前に肛門を締めるということを忘れがち。


習慣化するまで時間がかかりますがやってみてください。

4.神経質になりすぎない

尿漏れに対するマイナスイメージが強いため、尿漏れすると自尊心が傷つき尿漏れしないようにと神経質になりがちです。


そして、尿漏れする度に落ち込んでしまう…


二人目の妊娠で尿漏れするのは、妊娠のために起こった体の変化です。


産後は自然に回復しますので、妊娠中の尿漏れは受け入れて尿漏れ専用パッドで快適に過ごすことを心がけましょう。


もし産後1ヶ月検診で尿漏れが改善していないのなら、次に紹介する骨盤底筋トレーニングを積極的に行いましょう。

5.安定期になったら骨盤底筋トレーニング

二人目を妊娠して尿漏れするということは、一人目の出産時のストレスで骨盤底筋が弱くなってしまったからと考えられます。


尿漏れを改善するために骨盤底筋トレーニングで鍛えましょう。


しかし、妊娠中に骨盤底筋トレーニングをすると刺激になる可能性がありますので、妊婦検診でトレーニングをしても大丈夫か主治医に必ず確認をしましょう。


骨盤底筋トレーニングは下記の記事を参考にしてください。
骨盤底筋トレーニングの正しいやり方 あなたはきちんと動かせていますか?
骨盤底筋トレーニングするなら押さえておきたい3つのコツ!その1【全身リラックス】
骨盤底筋トレーニングするなら押さえておきたい3つのコツ!その2【呼吸】
骨盤底筋トレーニングをするなら押さえておきたい3つのコツ!その3【イメージ】

まとめ

二人目の妊娠で尿漏れする原因は基本的な理由に加て以下の3つ

  • 一人目の出産時のダメージ
  • 体重増加
  • 子育てによる活動量アップ


そして、二人目の妊娠中でもできる簡単な対策は以下の5つ

  • 尿漏れ専用パッドを使う
  • 尿を溜めすぎない
  • くしゃみの時は肛門を締める
  • 神経質になりすぎない
  • 安定期になったら骨盤底筋トレーニング


二人目の妊娠中に尿漏れする1番の原因は、骨盤底筋が弱くなったからです。


二人目の出産時にも強いストレスがかかかりますので、もっと骨盤底筋が弱くなり産後も尿漏れが続いてしまう可能性があります。


または、産後に尿漏れが改善しても、子どもが大きくなり縄跳びなど一緒に遊んだ時に尿漏れが起こる可能性もあります。


二人目の産後は尿漏れの有無にかかわらず、出産の痛みが無くなったら骨盤底筋トレーニングしていきましょう!

骨盤底筋トレーニングのお申し込み

 完全予約制
 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
 場所:神楽坂駅1a出口徒歩2分、牛込神楽坂A3出口徒歩3分、飯田橋駅徒歩7分
 料金:初回90分 16,500円(税込)クレジットカード可

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
北條裕紀恵
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら