女性の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)、膣のゆるみを臨床経験24年の看護師がサポートします

産後の尿漏れの原因とリスク因子について説明します。

ゆきえ
WRITER
 
アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。看護師臨床経験りんしょうけいけん23年、骨盤底筋こつばんていきんトレーニング専門家の北條裕紀恵ほうじょうゆきえです。

産後からちょっとだけ尿漏れしてるけど困るほどじゃない。だけど気になりますよね。

今回は、産後の尿漏れの原因とそのリスク因子について簡単にご説明します。

この記事は、産後の尿漏れがどうして起こるのかその原因を知りたい人向けに書いています。

産後の尿漏れの原因はやっぱり出産?

産後からふとした時に尿が漏れてしまう。いつもじゃないし困っていないけど漏れたらやっぱり不快ですよね。

産後ってやっぱり尿漏れするんだぁと、母親に聞いてみると

お母さん、尿漏れしたことないわよ。

母親

と、まさかの答えが!そういえば出産した友達も尿漏れしたなんて言っていなかったとあなたは地味に悩みます。

まじかっ!私だけか…

あなた

こんな状況になると、周りの人たちには言えないし、相談できなくなってしまいますよね。

そんなあなたに、産後の尿漏れの原因とリスク因子を分かりやすく説明します。

これが分かれば、自分がどうして産後尿漏れしたのか、そして今後すべきことが分かりモヤモヤがスッキリしますよ。

産後の尿漏れの原因はやっぱり出産。だけど、どうして尿が漏れるの?

産後の尿漏れの原因には、主に以下の2つが考えられます。

  1. 女性ホルモンの変化
  2. 出産による膣周辺のダメージ

1.女性ホルモンの変化

妊娠・出産で筋肉や靭帯じんたいをゆるくするための女性ホルモンが分泌されます。

出産時はこれらの女性ホルモンのおかげで骨盤が広がり、筋肉や靭帯が伸びてゆるんで分娩しやすくなります。

産後は、ゆるんだ骨盤や筋肉は自然に元に戻ると言われていますが、伸びきってしまった筋肉や靭帯は戻らない場合もあります。

2.出産による膣周辺のダメージ

出産後の尿漏れは、圧倒的に帝王切開ていおうせっかいより膣からの出産の方が多いです。

これは、出産によって膣周辺の組織がダメージを受けたから。

膣は骨盤の真ん中にあり、その前後は排泄するための大切な場所があります。

  • 前側:排尿
  • 後ろ側:排便

そして、排尿や排泄する場所の周辺には、それを出したり止めたりをコントロールする筋肉があります。

その筋肉があるから、私たちは日常で排泄を止めていることができるんです。

主に排泄をコントロールする筋肉には、出口を取り囲む括約筋かつやくきんという筋肉があり、その筋肉は骨盤底筋こつばんていきん骨盤底筋群こつばんていきんぐん)の一部になります。

出産時にこれらの筋肉へのダメージが大きいと、産後に排泄機能の不具合がでることがあります。

なので、産後は尿漏れだけでなく便が漏れてしまう女性もいらっしゃいます。

産後の尿漏れには、出産時に筋肉や靭帯がどれだけダメージを受けたかが強く関係するということが分かりますね。

普通に出産しただけでも尿漏れに関わる筋肉はダメージを受けますが、それ以外にもリスク因子があるんです。

産後の尿漏れのリスク因子とは

産後の尿漏れのリスクが高くなる因子として言われているのが、以下の7つです。

  • 会陰切開えいんせっかい
  • 会陰裂傷えいんれっしょう
  • 吸引分娩きゅういんぶんべん
  • 鉗子分娩かんしぶんべん
  • 強くお腹を圧迫
  • 大きな赤ちゃん
  • 高齢出産

どうしてこれらが産後尿漏れのリスク因子になるのかというと、出産時のこれらのアクションは全て骨盤底筋へのダメージを強くするからなんです。

産後の尿漏れに関するデータ

産後4~9ヶ月の女性、544名を対象に調査した研究です。

何らかの尿失禁を有する女性は188名と34.6%であった。腹圧性尿失禁は141名が有し、そのうちの頻度は週に1回より少ないが72.3%と最多。有病者の実に8割以上が妊娠や出産を原因として症状の出現や悪化を経験していた。

およそ産後半年が経過してもなお、約3人に1人が妊娠や出産を契機とした症状を自覚していることが明らかとなった。

高岡ら(2017)「産後の下部尿路症状とQOLとの関連性:包括的尺度SF-12ver.2を用いた検討」, 『日本助産学会誌』31(1), pp.78-87, 日本助産学会.

産後半年たっても3人に1人が尿漏れを自覚しているというデータは凄く多いですよね。

なのに、産後の尿漏れが表面化しないのは、「尿漏れ」というのが女性にとって相談しにくいものであると同時に、出産したら当たり前・女性だったら当たり前と片付けてしまっているからではないでしょうか。

産後の尿漏れは当たり前じゃない。だから今すぐ対策!

産後を契機に尿漏れになる女性は多くいらっしゃいますが、尿漏れしない女性だっているんです。

それは、出産時の骨盤底筋のダメージは個々に違うからです。先ほどの会陰切開などのリスク因子もそうですね。

ただ妊娠・出産したけでも女性の骨盤底筋やその周辺の靭帯へは相当負担がかかっています。

大きな負担をかけたのに自然に戻る力だけを頼りにしていては妊娠前のような状態には戻りません。

積極的に大きなダメージを受けた骨盤底筋をトレーニングでケアしましょう。

産後の骨盤底筋トレーニングは、フランスでは保険で受けることができます。それは、骨盤底筋トレーニングは骨盤内の血液循環が改善され産後の骨盤復古に良いからなんです。

骨盤底筋トレーニングについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてください

骨盤底筋を自分で効果的に鍛えるための5つのコツを教えます

骨盤底筋トレーニングの正しい方法は力を入れる方向と呼吸に注意する

骨盤底筋トレーニングをするなら骨盤底筋をしっかりと意識しましょう!

まとめ

産後の尿漏れについての原因とリスク因子について説明しました。

産後の尿漏れの主な原因は下の2つ

  • 女性ホルモンの変化
  • 出産による膣周辺へのダメージ

そして、さらなるリスク因子として以下のものがあります。

  • 会陰切開えいんせっかい
  • 会陰裂傷えいんれっしょう
  • 吸引分娩きゅういんぶんべん
  • 鉗子分娩かんしぶんべん
  • 強くお腹を圧迫
  • 大きな赤ちゃん
  • 高齢出産

産後の尿漏れを、「出産したから当たり前」と片付けてしまうのは産後の尿漏れを受け入れてしまっていること。

産後の尿漏れは改善できる手段はいくつもあるんです。だから受け入れるのはまだ早いんです!

産後の尿漏れ治療の第一選択は骨盤底筋トレーニングとなります。

なぜなら、骨盤底筋トレーニングは副作用がなく体に負担が無いからなんです。

だから、授乳をしている女性も安心して今すぐできる対策なんです!

産後の尿漏れを「当たり前」だと受け入れるのはまだ早いのです!私がサポートしますので一緒にトレーニングで骨盤底筋を鍛えましょう!

お申込み

 完全予約制
 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
 場所:神楽坂駅徒歩2分、牛込神楽坂徒歩3分、飯田橋駅徒歩7分
 料金:初回90分 16,500円(税込)

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください