女性の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)、膣のゆるみを臨床経験24年の看護師がサポートします

【お客様の声】尿漏れがひどくて悲しくなる…

ゆきえ
WRITER
 
アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。骨盤底筋こつばんていきんトレーニング専門家の 北條裕紀恵ほうじょうゆきえ です。


産後から尿漏れがひどくて子どもと一緒に走れないお客様「Fさん」の感想をご紹介します。


5年前の1人目のお子さんを出産してから尿漏れはあったものの、こんなものかと思いそのままに。


しかし、あることがきっかけとなり私のトレーニングを受けてくださいました。

お客様「Fさん」のプロフィール

  • 40代
  • 膣からの出産2回
  • 1人目の出産: 膣内裂傷ちつないれっしょう会陰切開えいんせっかい 、産後気づかないうちに尿漏れ、オナラも我慢できなかった
  • 2人目の出産:分娩台に上がり2時間で出産、産後尿漏れ
  • 現在の尿漏れは産後の時より落ち着いている

Fさんの骨盤底筋トレーニングの感想

お客様の声直筆

※個人の感想のため全ての人に当てはまるわけではありません。

1.相談前のお悩み

  • ナプキンを常に付けているほどひんぱんに尿もれをしています。
  • 良くなってきたかと思うとドッと出てしまったり…
  • 悲しくなるので何とかしたいと思っていました。

2.相談前にそのお悩みに対して何をしてきましたか

少しだけ内ももを締めるトレーニングをしました。

3.なぜ相談しようと思いましたか

会社のトイレに使用後のナプキンを捨てていたら、臭いがすごかったのか、そこに芳香剤を置かれてしまいました。

迷惑をかけているのだと再認識しました。

運動も出来るようになりたいです。

4.本日トレーニングを受け、また相談してみてどうでしたか

筋肉が出産によって傷ついてしまったのかと思っていましたが、筋肉はきちんと動いているということが分かって希望が見えました。

相談してみて良かったです。

5.どんな人にお勧めしますか

もちろん、同じ悩みのある人勧めたいです。

6.その他全体の感想やなんでも

トレーニングもそうですが、トレーニングでない時も常に引き上げることに意識を向けられそうです。

複雑な筋肉ですが、分かりやすく指導していただけて感謝しております。

ありがとうございました。

尿漏れを良くしたいと思ったきっかけは

Fさんは1回目の出産後から尿漏れがあり、現在に至るまで5年間は自分で体操はしていたものの改善することはなく「こんなものか」と思っていました。


しかし、職場で尿汚染した生理用ナプキンを捨てていたトイレの汚物入れに芳香剤が置かれたのがきっかけに「どうにかしなくては」と思ったのです。


自分は良いけど他人に迷惑をかけているかもしれないと思ったからなんですね。


尿漏れが長年続くと当たり前でやり過ごしてしまう女性がとても多いんです。


でも、当たり前ではなく「どうにかしなくては」と気づくのきっかけが個人それぞれにあります。


私の所に尿漏れでトレーニングを受けてくださった方々で多いのは、

  • 子どもと一緒に遊んであげたい
  • 気にせずジョギングをしたい
  • 老後が不安になった

などなど、それぞれに尿漏れに向き合うきっかけがあります。

くしゃみやジャンプの尿漏れで今すぐできる尿漏れ対策(Fさんへの日常生活へのアドバイス)

Fさんは尿漏れがあるということなので事前に排尿日誌を書いていただきました。Fさんの排尿日誌をみてみると多飲・多尿でした。

排尿日誌写真1
飲水量2,670ml、排尿量2,550ml
排尿日誌写真2
飲水量1,800ml、排尿量2,000ml

Fさんは常に何かを飲んでいるとのこと。水分を摂ることは体に良いとおもっていらっしゃいました。


そのため、多く飲んだからと言ってデトックスするとか体の中が綺麗になるとかはないことと。Fさんの体型から2,000mlを超える水分摂取は少し飲み過ぎ傾向であることをお話。

対策1:尿漏れには尿漏れ専用パッドを使う

また、Fさんは尿漏れのため使用しているパッドは生理用ナプキンでした。


生理用ナプキンでは皮膚トラブルや尿臭も悪化するため尿漏れ専用パッドを使用するように勧めました。


尿漏れで生理用ナプキンがダメな理由はこちらの動画を参考にして下さい。

対策2:お腹を締め付けないように服装にも気を付ける

お腹を圧迫すると尿漏れも悪化するため、細身のデニムやきついガードルも避けることが大切です。


これは案外やってしまっている女性が多いんです。


パッドを使用していればパッドを抑えるためにきつめのガードルを履いていたりします。


また、細身でローライズのデニムはちょうど膀胱を圧迫してしまいます。なのでこのような服装だと座る等の動作で尿漏れしやすくなってしうんです。

まとめ

今回は、骨盤底筋トレーニングを受けてくださったFさんの感想をご紹介しました。


Fさんのようにくしゃみやジャンプなどの腹圧性の尿漏れで今すぐできる対策は以下の2つ。

  • 尿漏れ専用パッドを使う
  • 腹部を圧迫しない服装

Fさんのように、尿漏れを産後からずっとあるのに「こんなものか」とそのままにしている女性は沢山いらっしゃいます。


女性の尿漏れは当たり前ではありません。改善させる方法は沢山あります。諦めないで尿漏れ改善のために前向きに取り組みましょう。


女性のくしゃみやジャンプの尿漏れの第一選択は骨盤底筋トレーニングです。


骨盤底筋トレーニングは、体を傷つけず負担なく直ぐにでも始められる改善策です。これを機に尿漏れと向きあってみませんか。

お申込み

 完全予約制
 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
 場所:神楽坂駅徒歩2分、牛込神楽坂徒歩3分、飯田橋駅徒歩7分
 料金:初回90分 16,200円(税込)

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください