臨床経験20年以上の看護師が正しい骨盤底筋トレーニングを指導します

LINE@登録で女性特有の症状を回避する8つのポイントE-BOOKをゲット

女性の尿漏れ・5つのタイプを分かりやすく説明します!

ゆきえ
WRITER
 
尿漏れアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。 骨盤底筋体操指導者こつばんていきんたいそうしどうしゃで看護師の北條裕紀恵ほうじょうゆきえです。

 

尿漏れには、いくつかの種類があることをご存知でしょうか。

 

そして、女性なら誰しも尿漏れになるリスクを持っています。

 

なぜなら、女性の尿道は男性より短く、また出産や年齢によるホルモン変化などは尿漏れになるリスクを高めるからなのです。

 

私も尿漏れは経験あるわよ。でも、尿漏れがあるなんて誰にも言えなかったわ。

花子さん

 

そうよね、分かるわ。だって尿漏れは女性にとって一番言い辛い症状と言われているんだもの。

ゆきえ

 

やっぱりそうなのね。

花子さん

 

でもね、女性にとっての尿漏れは、今後、いつ誰にでも起こる可能性のあるものなの。だから、先ずは尿漏れの正しい知識を知って欲しいと思うのよ。

ゆきえ

 

腹圧性尿失禁ふくあつせいにょうしっきん(SUI)

くしゃみや咳、ジャンプなど腹圧で膀胱が圧迫されると起こる尿漏れです。

 

この腹圧性尿失禁はSUIとも言われています。

 

それは、Stress(圧力)、Urinary(尿)、Incontinence(失禁)の頭文字をとってSUIです。

咳をする女性

私もくしゃみの時に漏れてたわよ!

花子さん

 

そうだったのね。これはね、尿道を支えている所が弱くなって起こるの。

ゆきえ

 

どうして支えが弱くなると漏れるの?

花子さん

 

それはね、しっかりと尿道が支えられていれば、膀胱に圧がかかっても漏れないんだけど、尿道の支えが弱くなっていると尿道がグラグラして尿が漏れてしまうの。こんな感じよ。

ゆきえ

腹圧性尿失禁解説図

※図はAUGSからお借りし加工しました。

そして、図を見ると、膀胱に圧がかかると尿道が垂直気味になってロート状になっているのが分かるでしょ、この状態だと凄く漏れやすくなるの。

ゆきえ

 

言われてみると、本当、ロート状になってるわ。

花子さん

 

本来、尿道がしっかりと支えられていればロート状にならないで、膀胱の出口も広がらないから漏れないのよ。

ゆきえ

 

腹圧性尿失禁の原因

じゃあ、どうして尿道が支えられずに動いてしまうの?

花子さん

 

それはね、骨盤底筋が弱くなってしまうことが原因なの。

ゆきえ

 

骨盤底筋が弱まる原因に何があるの?

花子さん

 

女性の場合の一番の原因は出産ね。あとね、産後はね出産の衝撃で尿道近くの組織は一時的に浮腫んでいるの。その時、浮腫んでいると排尿し難くいから、腹圧をかけて排尿をしていることが多いのよ。この腹圧をかける排尿が癖になってしまうと、無意識に腹圧排尿を続けている人が多いのよね。腹圧排尿は腹圧性尿失禁のリスクを高めるのよ。

ゆきえ

 

でも、出産していない人もくしゃみとかで漏れるわよね?

花子さん

 

そうね。その場合の原因は、加齢や強い腹圧をかける動きを続けることで骨盤底筋が弱くなからなの。

ゆきえ

 

腹圧をかけるようなことって?

花子さん

 

仕事上凄く重いものをいつも持っていたり、息張るような体制が多かったりかな。例えば極端だけど、超重いバーベルを常に持ち上げているとか、トランポリン四六時中やっているとかね。だからと言って、そういう人みんながなるわけじゃないんだけど。例えね。

ゆきえ

 

なるほどね~、腹圧の想像できたわ。

花子さん

 

 

切迫性尿失禁せっぱくせいにょうしっきん(UUI)

トイレに行きたいと感じると我慢できずに漏れてしまうのがこの尿漏れです。

 

この尿漏れは、主に過活動膀胱の人に見られる症状です。

 

この切迫性尿失禁はUUIとも言われています。

 

それは、Urgency(切迫)、Urinary(尿)、Incontinence(失禁)の頭文字をとってUUIです。

女性の尿漏れ

我慢できないってこと?

花子さん

 

そう。トイレに行きたいと思うと急に落ち着かなく慌ててしまって、トイレに向かう途中とか服を脱いでいる途中とかに漏れてしまうの。

ゆきえ

 

急にトイレに行きたくなることもあるの?

花子さん

 

そうそう、そういうのもあるのよ。家の玄関の前に着くと急に行きたくなるとか、水の音を聞くと急に行きたくなるとかもあるわね。

ゆきえ

 

なんでもない人は行きたくなっても我慢できるものなの?

花子さん

 

通常だとトイレに行きたいと思っても何かに集中していたら我慢できるものなのよ。でもね、この尿漏れがある多くの人は、トイレに行きたいと思ったらトイレが頭から離れなくなるのよ。

ゆきえ

 

あ、私の友達に、一緒に出掛けるとトイレが近いからっていつもトイレの場所を確認している人がいるわ。

花子さん

 

そうそう、そういう感じね。だから、そういう人達は、映画館ではいつも通路側に座っていたり、トイレが不安でバス旅行には行けないって人も多いわね。

ゆきえ

 

じゃあこの尿漏れの人は、トイレの回数が多いのかしら?

花子さん

 

そうなの、膀胱に尿が溜まっていないのにトイレが気になって頻繁に行ってしまうのよ。

ゆきえ

 

切迫性尿失禁の原因

どうして我慢できなくなってしまうの?

花子さん

 

その原因は、いろいろあるんだけど、神経的や精神的なものだったり、骨盤底筋の弱まりだったりがあるわね。あと膀胱炎でも一時的になったりするしね。

ゆきえ

 

そうなのね。でもトイレが近くて我慢できないのは外出時は不安よね。

花子さん

 

そうなの。この症状の代表的な病気が過活動膀胱かかつどうぼうこうなんだけどね。通常の膀胱は、しっかりと尿が溜まってからトイレに行きたいと感じるんだけど、過活動膀胱の場合は、尿が溜まっていないのに勝手に膀胱が尿をだそうとして動き出してしまうの。だから活動過ぎる膀胱と書いて過活動膀胱っていうのよ。

ゆきえ

 

膀胱が勝手に動くだなんて。どうして…?

花子さん

 

このハッキリとした原因はまだ分かってないんだけどね、尿が溜まってないのに膀胱が勝手に動き出して、尿道に尿が少しだけでも流れ込んでしまうとなかなか我慢するのは難しいのよ。

ゆきえ

 

う~ん、常にトイレを気にするなんて辛そうよ…

花子さん

 

混合性尿失禁こんごうせい尿失禁

この尿漏れは、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の両方の症状がある尿漏れです。

 

この混合性尿失禁は、MUIとも言われています。

 

それは、Mix(混合)、Urinary(尿)、Incontinence(失禁)の頭文字をとってMUIです。

 

単純に、腹圧の尿漏れと我慢できない切迫の尿漏れが混ざっているってことなのね。

花子さん

 

そうなの。このタイプの尿漏れも少なくなくて。腹圧の尿漏れを手術で治したら、その後に我慢できない尿漏れが出てくる人もいるのよ。

ゆきえ

 

腹圧の尿漏れは手術で治るの?

花子さん

 

そうなの。腹圧の尿漏れは主に手術で治るけど、我慢できない切迫の尿漏れには薬が効果的なのよ。

ゆきえ

 

そうなのね。治療法があれば安心できるわね。

花子さん

 

そうよね。治療についてはまた違う時に説明するわね。

ゆきえ

 

機能性尿失禁きのうせいにょうしっきん

この尿漏れは、排尿することには問題がないのに、体の機能が何らかの理由で制限されるために起こる尿漏れのことを言います。

トレイ介助

体の動きが制限されているってこと?

花子さん

 

そうなの。きちんとトイレに行きたいと感じるし、尿をきちんと膀胱に溜められることができるんだけど、体の動きに制限があってトイレに間に合わなくて漏れてしまうの。

ゆきえ

 

体の動きが制限されるのって何?

花子さん

 

例えばね、脳梗塞で体に麻痺が残った場合とかパーキンソンとかで体がスムースに動かせないとかね。あと、トイレをしていい場所かどうか分からなくなってしまって漏れることもあるわね。

ゆきえ

 

溢流性尿失禁いつりゅうせいにょうしっきん

この尿漏れは、尿道に残っていた尿が、排尿後に少したってから漏れてしまう尿漏れで、追っかけ漏れとも言われています。

 

このタイプの尿漏れは、男性に多くみられます。

男性尿漏れ

どうして男性に多いの?

花子さん

 

それはね、この尿漏れは、尿道が狭くなってしまって、尿をスッキリと出し切らないで起こる尿漏れなの。尿道が狭くなる病気の代表的なものが前立腺肥大ぜんりつせんひだい。前立腺は男性にしかないからこの病気は男性に多いのよ。

ゆきえ

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

一言で尿漏れと言っても、尿漏れの出現の違いによってタイプが異なるのがお分かりいただけたでしょうか。

 

そして、その尿漏れのタイプの違いによって治療方法も異なってきます。

 

そのため、尿漏れで病院に行った場合、自分がどのタイプの尿漏れなのかをきちんと説明することが大切なのですね。

 

そして、尿漏れは命に関わる病気ではありません。

 

しかし、尿漏れによって活動が制限されるのは確実であり、それにより生活の質は下がります。

 

男性より女性の方が尿漏れになる可能性が高いにもかかわらず、尿漏れは女性にとって言い辛い症状であるために多くの女性が誰にも言えずに一人我慢しているのはとても悲しいことです。

 

尿漏れで悩んでいらっしゃる女性が、自分だけではないと気づき、風邪症状などと同じように気軽に病院を受診できるようになって欲しいと思っています。

 

恥ずかしいという気持ちが強いなら、女性医師や女性専用の病院を探して受診しましょう。

 

尿漏れは一人で悩まずに、まず病院に行って相談してみましょうね。

 

こちらのサイトも参考にしてみてくださいね。

女性のミカタ・ファイザー

先生教えて!UUI・ファイザー

ユニ・チャーム

ロリエ

 

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください