女性の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)、膣のゆるみを臨床経験24年の看護師がサポートします

妊娠中の尿漏れ対策 5つ!今すぐ簡単にできます!

 
アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
北條裕紀恵
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。看護師歴24年、 骨盤底筋こつばんていきん トレーニング【YUI】の 北條裕紀恵ほうじょうゆきえ です。

妊娠してから尿漏れを経験する人は少なくありません。


妊娠中の体は思うようにならず何かとストレスは多くなりますよね。


そんな妊婦さんが少しでも快適に過ごすために、今回は簡単にできる妊娠中の尿漏れ対策をご紹介します。

妊娠中の尿漏れの原因についてはこちらの記事を参考にしてください。
【妊娠して尿漏れ】初期なのになぜ?
妊娠中の尿漏れの原因と対策を分かりやすく解説

今すぐできる妊娠中の尿漏れ対策5つ

妊娠中は面倒なことはなるべくしたくないですよね。


なので、今回ご紹介する対策は簡単で今すぐできるものにしました!

1.尿漏れ専用パッドを使う

妊婦さんに限らず、女性全般に多いのが尿漏れパッドの代わりに生理用ナプキンを代用している人です。


生理用ナプキンは、ドロっとした血液を吸収するために作られています。


そのため、サラッとした水のような尿を吸収するのには向いていません。


これは、今すぐできないじゃん!買いにいかなくちゃいけないじゃん!と思うかもしれませんが、通販でも買えます!


なので、今すぐ尿漏れ専用パッドに代えましょう!


尿漏れで生理用ナプキンを使用すると特に妊婦さんにはリスクです。それについてはこちらの記事を参考にしてください。
【妊娠中の尿漏れ】パッドの選び方と使い方

2.尿を溜めすぎない

骨盤の中の臓器は下の図のような配置になっています。

骨盤底筋イラスト

妊娠して子宮が大きくなると膀胱は子宮で圧迫されてしまいます。


そのため、尿がたまるとちょっとの動作でもお腹に圧がかかり漏れやすくなっています。


妊娠していると頻尿になるためトイレに行くのが面倒臭くなりがち。


尿を溜めすぎないように尿意を感じたらトイレに行くようにしましょう。


尿意を感じていないのに必要以上にトイレに行くのはお勧めできません。

3.くしゃみで尿漏れする時は

くしゃみなどでお腹に圧がかかると尿漏れしやすくなります。


そんな時は、くしゃみの前に肛門をキュッと締めましょう!


これは、ナック療法とも言われていて先行研究で一定の効果があることが分かっています。


Millerら(1998)は、この随意的な事前収縮を「Knack(ナック)」と名付けランダム試験を行った。その結果、実生活での失禁の治癒率は報告されなかったが、中等度の咳で98.2%、強度の咳で73.3% の尿失禁の減少を認めたと報告した。

引用文献:カリ・ボーほか(2017)『エビデンスに基づく骨盤底の理学療法―科学と臨床をつなぐ(原著第2版)』 野村昌良,鈴木重行監訳,医歯薬出版株式会社,pp186

肛門をキュッと締めることで尿道にある括約筋も締めることができますのでくしゃみの尿漏れ防止になるんです。


しかし、くしゃみの前に締めるという動作を忘れがちなのでこれが習慣化されるまで時間がかかりますがぜひ試してみてください!

4.神経質になりすぎない

初めて尿漏れを体験すると…

  • 情けない
  • 恥ずかしい
  • 汚い

などのマイナスイメージから尿漏れが気になってしまい神経質になる人がいます。


しかし、女性は体の構造上、そもそも尿漏れが起こりやすいんです。その上、妊娠して子宮が大きくなっていたら漏れやすくなるのは当たり前。


ですから、妊娠中の尿漏れは体の変化に伴うもの、産後は自然に回復しますので必要以上に神経質になるのはやめましょう。


もし、産後も尿漏れが続いているのなら次に紹介する骨盤底筋トレーニングを積極的に行いましょう!

5.安定期に入ったら骨盤底筋トレーニング

妊娠中に尿漏れするということは、排尿をコントロールしている骨盤底筋という筋肉が弱くなっている可能性があります。


そして、出産時はもっと骨盤内にストレスがかかるため尿漏れがひどくなることも考えられます。


骨盤底筋は鍛えられますのでトレーニングして鍛えましょう。


しかし、妊娠中は大切な時期ですから安定期に入って妊婦検診時に主治医に骨盤底筋トレーニングをして大丈夫か確認をしてからにしましょう!

骨盤底筋トレーニングの方法は下記の記事を参考にしてください。
骨盤底筋トレーニングの正しいやり方 あなたはきちんと動かせていますか?
骨盤底筋トレーニングするなら押さえておきたい3つのコツ!その1【全身リラックス】
骨盤底筋トレーニングするなら押さえておきたい3つのコツ!その2【呼吸】
骨盤底筋トレーニングをするなら押さえておきたい3つのコツ!その3【イメージ】

まとめ

今回は、今すぐできる妊娠中の尿漏れ対策5つをご紹介しました。

  1. 尿漏れ専用パッドを使用する
  2. 尿を溜めすぎない
  3. くしゃみの時は肛門をキュッとしめる
  4. 神経質になりすぎない
  5. 安定期になったら骨盤底筋トレーニング


妊娠中に、または産後に尿漏れをする人もいれば、しない人もいます。


その原因は個人差がありますが、1つ言えるのは骨盤底筋という筋肉が弱いかどうかなんです。


骨盤底筋は女性にとってとても大切な筋肉です。


それなのに、骨盤底筋は日常で気づけない筋肉だからその大切さを知らないまま過ごしている女性が非常に多い!


理想は妊娠前に骨盤底筋を鍛えること!


産後に尿漏れしているなら放っておかないで早期に骨盤底筋トレーニングをすることが大切です!



正しい骨盤底筋トレーニングをマスターしたい人はぜひご連絡ください。

骨盤底筋トレーニングのお申し込み

 完全予約制
 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
 場所:神楽坂駅1a出口徒歩2分、牛込神楽坂A3出口徒歩3分、東京メトロ飯田橋駅B3出口徒歩7分
 料金(税込):初回来店110分19,800円、初回オンライン90分13,500円、初回骨盤底筋トレーニングのみ60分9,800円クレジットカード可

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
北條裕紀恵
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら