女性のデリケートゾーンについて看護師歴20年以上の私がアドバイス

子宮が出てくる病気(子宮脱)で初めて病院を受診する時の3つのポイント

ゆきえ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。 骨盤底筋こつばんていきんパーソナルトレーナー北條ほうじょうゆきえです。

 

女性特有の病気、骨盤臓器脱こつばんぞうきだつ

 

骨盤臓器脱とは、膀胱ぼうこう子宮しきゅう直腸ちょくちょうなどが膣めがけて下がってくる病気です。詳しくはこちら

女性の骨盤底筋が弱くなると起こる病気、それは骨盤臓器脱(子宮脱)

 

骨盤臓器脱になると、膣に何かがはさまったような、下がってきているような違和感を感じます。

 

そんな、骨盤臓器脱の症状で初めて病院を受診する時は、

 

以下の3つのポイントに気を付けておくことをおススメします。

病院に行く時の3つのポイント
  1. 自分の経過を把握する
  2. 膣の違和感が強い時に病院に行く
  3. 尿を溜めて受診する

 

骨盤臓器脱で初めて病院に行く時に気を付けておきたい3つのポイント

骨盤臓器脱は、重力で膀胱や子宮、直腸が膣めがけて下がってきます。

 

そのため、膣に何かがはさまった感じや、下がってくる感じなどの膣の違和感は、午前中より夕方の方が強くなります。

 

このような骨盤臓器脱による膣の違和感が少ししかない場合、

 

病院に行っても下がっている状態が分かりにくくなるのです。

 

せっかく病院に行くなら、しっかりと膣の違和感がある時にみてもらった方がいいですよね。

 

そのため、骨盤臓器脱で初めて病院を受診する時は、これから説明する3つのポイントに気を付けてみてください。

 

自分の経過を把握する

これは、骨盤臓器脱に限らず、初めて病院を受診する時は注意するといいですね。

 

私、病院が苦手なの…

Aさん

 

A子さんみたいに病院が苦手な人は、おススメですよ

ゆきえ

 

初めての病院に行く時は、必ず今までにかかった大きな病気や飲んでいる薬などについて質問をされます。

 

また、膣の違和感についてはもっと詳しく質問をされます。

 

急にいろいろと質問されて慌てないためにも事前に自分の経過を把握しておきましょう。

 

初めて病院に行く前は、以下の点に気を付けてみてくださいね。

  • 飲んでいる薬があればお薬手帳を持参する
  • 今までかかった大きな病気の大体の年齢と経過
  • 出産経験のある人は出産した年齢と大体の子どもの体重
  • 出産した時の状況(普通分娩か器具は使ってないか)
  • 膣の違和感を初めて感じたのはいつ頃か
  • 膣の違和感がひどくなったのはいつ頃からか
  • 膣の違和感はどんな時に悪化するのか

 

ざっくりでかまいませんから、これらのことを病院に行く前にちょっとだけ考えておきましょう。

 

そうすれば、緊張せずに質問に答えられ、初めての診察もスムーズにいきますよ。

 

膣の違和感が強い時に病院に行く

先ほども言ったように、骨盤臓器脱は、重力で膀胱や子宮、直腸が膣めがけて下がってきますので、

 

膣の違和感は、午前中より夕方の方が強くなります。

 

そのため、もし、午前中に病院に行った場合、膣の違和感が弱い時に診察になる可能性があります。

 

そうなると、病院で診察をしても問題なしとなる可能性が高くなります。

 

せっかく病院に行ったのに何もないって言われるかもしれないのね!

Aさん

 

そうなんです。

ゆきえ

 

骨盤臓器脱になったばかりで、膣の違和感が少ししかない場合、午前中に行くと下がりが弱くて状態が分かりにくくなっています。

 

実際に膣の違和感があるのに、午前の早い時間に受診をして何もないと言われてしまう女性は少なくありません。

 

ですから、病院に行く時は、午前中にガンガン動き、

 

わざと膣の違和感を強くして、午後から病院に行った方が診察で分かりやすくなります。

 

しかし、予約制で午前中にしか予約が取れない場合もありますよね。

 

そんな時は、病院に行く前になるべく沢山動き、膣の違和感を強くしてから病院に行きましょう。

 

※朝起きて既に膣の違和感が強くある方はやらなくて大丈夫です。

 

尿を溜めて病院に行く

骨盤臓器脱で膀胱が下がっている場合、尿漏れになることがあります。

 

そのため、初めて病院に行くと尿漏れがあるかどうか確認をします。

 

尿が溜まっていないと尿漏れの確認はできませんので、尿をためて受診することをおススメします。

 

どのくら溜めればいいの?

Aさん

 

膀胱パンパンに溜める必要はないですよ

ゆきえ

 

病院に行く途中でトイレに行かないようにして、診察の1時間くらい前から尿を溜めるようにしましょう。

 

まとめ

膣に何かはさまっている感じや下がってくる感じの違和感で初めて病院に行く時のポイントは

病院に行く時の3つのポイント
  1. 自分の経過を把握する
  2. 膣の違和感が強い時に病院に行く
  3. 尿を溜めて受診する

 

骨盤臓器脱で、膣にはさまっている感じや下がってくる感じの違和感があるのに

 

午前中の診察だったために状態がハッキリしないというケースは少なくありません。

 

病院に行く時は、膣の違和感が強い時に行った方が骨盤臓器脱の有無の診断はしやすくなります。

 

そのため、初めて病院に行く時はこれら3つのポイントに気を付けてみてくださいね。

 

また、膣のはさまっている感じや下がってくる感じの骨盤臓器脱による膣の違和感には、

 

骨盤底筋トレーニングが有効です。

 

骨盤底筋トレーニングは、副作用がなく女性がマスターすればメリットばかりです。

 

骨盤底筋が意識できない、上手く動かせないという女性、また今後のためにしっかりと骨盤底筋をマスターしたい女性に私はお手伝いができます。

 

また、私は心理カウンセリングも行っています。

 

私は、これまでに、尿漏れや膣の違和感のために、誰にも言えずに不安を抱えて心を痛めている女性を沢山みてきました。

 

私は、骨盤臓器脱に有効な骨盤底筋トレーニングをより効果的に分かりやすく指導することができ、

 

また、看護師とカウンセラーとしての知識を活かし、誰にも言えない女性のお悩みも解決に導くことができます。

 

一度、ご相談ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください