臨床経験23年の看護師が正しい骨盤底筋トレーニングを指導します

LINE@登録で女性特有の症状を回避する8つのポイントE-BOOKをゲット

骨盤底筋トレーニングを動画で解説【どこを意識しどこを動かすの?】

ゆきえ
WRITER
 
アイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。看護師臨床経験20年以上、骨盤底筋こつばんていきんパーソナルトレーナーの北條ほうじょうゆきえです。

 

今回は、私が骨盤底筋トレーニングについて解説している動画をご紹介します。

 

この動画は、私の友人であるセックスレスカウンセラー山本えみりさんから提案されて作成したものです。

 

なぜ、えみりさんとこのような動画を作成することになったのかというと、

 

えみりさんは、多くの女性から【自分の「しまり」が悪いから男性が喜ばない】という悩みを相談されたそうです。

 

そこで、このようなことで悩んでいる女性に何か役に立てないかということで今回動画を作成したのです。

 

動画は、1回5分程度で6回あり、内容は以下になります。

  1. 骨盤底筋トレーニングはどこを意識すどこを動かすの?
  2. 骨盤底筋トレーニングの効果を最大限にする3つのポイント
  3. 骨盤底筋トレーニングを効果的に行うための実践編!
  4. 骨盤底筋トレーニングのメリットは?
  5. 女性が気になる骨盤底筋トーニングの効果って何?
  6. 骨盤底筋トレーニングを続けるのはどうして?

 

今回は、第1回目「骨盤底筋トレーニングはどこを意識してどこを動かすの?」

 

骨盤底筋トレーニングはどこを意識してどこを動かすの?

山本えみりさんに「膣トレというのは膣自体を鍛えるんだと思っていた!」と言われて驚きました。

 

なぜなら、膣の筋肉は自分の意思では動かせず鍛えられないからです。

 

巷では、「膣トレ」という言葉をけっこう耳にしますよね。こんなふうに、膣トレと聞くと確かに膣自体をトレーニングできると思ってしまうのではないでしょうか。

 

しかし、膣の筋肉は胃の筋肉と同じ。

 

だから、膣を自分の意思で動かすことはできませんから鍛えることはできないんです。

 

今回は、そんなことについて説明しています。どうぞご覧ください!

 

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。23年間看護師として現場で働き、骨盤底筋トレーニングの指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや子宮脱(骨盤臓器脱)でお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください