産後に膣がゆるんだと落ち込んでいる女性へ

女性のための骨盤底筋トレーニング 産後の女性へ

こんにちは。看護師歴25年、 骨盤底筋トレーニング【YUI】の 北條裕紀恵です

産後直後は、お産の衝撃でトイレの感覚すらよく分からなくなる方は少なくありません。

3,000g前後の大きな赤ちゃんが膣から出てきたら膣周辺はかなりのダメージです。

産後の衝撃が落ち着き少しずつ感覚も戻ってくると下記のようなことが起こることもあります。

  • 入浴時に膣にお湯が入る
  • 膣がぼんやりしている
  • 膣から空気が出る
  • 膣がゆるい感じがする

このように膣のゆるみを感じ、もう産む前の体に戻らないのかもしれないと不安なるかもしれません。

でも、大丈夫です!そんな時は骨盤底筋トレーニングを積極的に行いましょう。

何もせず放っておいたら元には戻りません。

今からでも遅くありませんから、膣がゆるんだと心配なら積極的にトレーニングをしましょう!

産後に膣がゆるんだと落ち込んでいるなら

産後に膣がゆるんでしまったと落ち込んでしまう女性は少なくありません。

でも落ち込まないでください!

産後に伸びた膣の筋肉は時間がかかりますが少しずつ自然と元に戻ります。

そのため、焦らずに膣の戻りを待ちましょう。

産後2,3ヶ月では戻りは十分ではないですから半年~1年の長いスパンで様子を見ましょう。

そして、どうしても膣がゆるんだと心配なら下記のことを考えてみてください。

  • どうして心配なのか
  • 何が心配なのか

産後の膣のゆるみからくる心配は何?

産後に膣がゆるんでしまったと心配なら膣がゆるんで何が起こると思って心配しているのか具体的に考えてみてください。

膣がゆるんで何が起こるのか考えた時、自分に起こることと自分以外の誰かに起こることが考えられます。

例えば自分に起こることとは下記のようなことではないでしょうか。

  • 入浴時の湯漏れで不快
  • 膣からのオナラでて恥ずかしい
  • 膣から子宮が落ちてくるかもしれない
  • くしゃみやジャンプの尿漏れ

自分以外なら

  • 夫婦生活で夫が満足できないかもしれない
  • 膣のゆるみからセックスレスになってしまうかもしれない

膣のゆるみで自分以外の心配とはパートナーとのセックスだと思います。

産後の膣のゆるみから自分自身に起こるかもしれない心配事は、今からトレーニングをすれば大丈夫です。

そして、膣のゆるみからくる夫婦生活の心配も今からトレーニングをすれば大丈夫です。

もし、産後1年未満で夫婦生活をしてパートナーに「膣がゆるい」と言われても気にしない様にしましょう。

パートナーには膣が元に戻るには時間がかかるから「少しずつ元に戻る」と伝えておきましょう。

また、夫婦生活でパートナーが膣がゆるいと感じるのは女性側の問題だけではありません。

男性側の反応が不十分であれば膣のゆるみを感じます。

膣がゆるいと感じるのは男性自身の問題のことも少なくありません。

夫婦生活の夫の満足度を自分の膣のゆるみなどで判断するのはやめましょう!

もし産後に夫婦生活で膣のゆるみを心配して落ち込んでいるなら落ち込む必要はありません。

これから起こるかどうかわからないことで不安になるなら、今できることに集中してトレーニングを積極的に行いましょう。

産後の膣のゆるみでの夫婦生活などについてはこちらの記事で詳しく説明しています。
産後の膣のゆるみが気になる…ってそれ本当に膣がゆるんでるの?

産後に膣がゆるんだと心配なら今からしっかりとトレーニング!

産後に膣がゆるんだと感じるなら骨盤底筋トレーニングを積極的に行いましょう。

巷でいう膣トレですが、膣トレとは実は膣ではなくて骨盤底筋のトレーニングです。

膣トレといっても膣は自分の意思では動かない

膣がゆるんだから膣トレと思うかもしれませんが膣は自分の意思では動きません。

膣の筋肉は自分の意思では動かせない筋肉でできています。

そのため筋トレのように鍛えることはできません。

ではどこを動かせば膣が締まるのかといと、それは骨盤底筋という筋肉を動かせばいいのです。

骨盤底筋

骨盤底筋の真ん中にあるのが膣ですから、骨盤底筋が締まれば膣も締まります!

産後に膣がゆるんだと落ち込んでいるなら迷わず骨盤底筋を鍛える!

産後に膣がゆるんでしまったと落ち込んでいるなら、迷わずに正しい骨盤底筋トレーニングで鍛えましょう!

正しく鍛えれば、絶対に産後の膣のゆるみは良くなります。

少しでも自分の意思で動くなら大丈夫

正しく骨盤底筋を鍛えるには、自分の意思で骨盤底筋を動かせることが大切です。

そのため、下記の方法で自分の意思で骨盤底筋が動いているか確認をしてみましょう。

  • 指を膣に入れて骨盤底筋を締めてみる
  • ロール状のバスタオルを股間に挟んで座る

膣に指を入れて確認するのに抵抗がある人は、バスタオルを下記のようにロール状にしてまたいで座ってみてください。

椅子とタオル

これで、少しでも骨盤底筋が動いている感覚が分かるなら大丈夫です。

あとは、ドンドン動かして骨盤底筋を鍛えるだけです!

膣がゆるんだかもと悩んでいる暇があるならドンドン鍛えましょう。

もっと詳しい骨盤底筋トレーニングの方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
骨盤底筋トレーニングをするなら骨盤底筋をしっかりといしきしましょう!
骨盤底筋トレーニングの正しいやり方 あなたはきちんと動かせていますか?

骨盤底筋は意識をしないと鍛えられない

足の筋肉は歩いているだけで鍛えられるし、腕は赤ちゃんを抱っこしていたら嫌でも太くなっていきますね。

でも、骨盤底筋は日常では全く鍛えられないんです。

ボーっとしていればしているほど衰えていくばかりです。

だから、骨盤底筋を鍛えるためには自分で意識して動かさないとダメなんです。

時間がかかるかもしれませんが、地道にトレーニングを続けていれば必ず鍛えられます。

骨盤底筋は意識しないと鍛えらないのは本当か

骨盤底筋を意識しないと鍛えられないということを証明した研究をご紹介します。

ちょっと難しいと思う方は、強調されている所だけ読んでみてくださいね。

女性アスリートと何もトレーニングしていない女性を比較した研究

年齢18歳~30歳の34名のアイルランド女性を対象に、アスリート女性と何のトレーニングもしていない女性の2つのグループを比較した研究

アスリート女性

  • 18名
  • 平均年齢24.2歳
  • 3年以上スポーツをしている
  • 週に平均11.4時間のトレーニング
  • 骨盤底筋の強さ  45±2 hPa
  • 尿漏れの経験11名(61.1%)

トレーニングしていない女性

  • 16名
  • 平均年齢24.1歳
  • 週に平均1.3時間のエクササイズ
  • 骨盤底筋の強さ  43±4 hPa
  • 尿漏れの経験2名(12.5%)

【Conclusion】There was not a significant difference in the strength of pelvic floor muscles of athletes and untrained women.
This suggests that pelvic floor muscles are not strengthened during general training but require specific exercises.
This holds especially for football, handball and sports with high physical intensity. Coaches need to pay special attention to training and strengthening women’s pelvic floor muscles to reduce the occurrence of urinary incontinence.

参考文献:Ingunn Ludviksdottir, Hildur Hardardottir, Thorgerdur Sigurdardottir, Gudmundur F. Ulfarsson (2018). Comparison of pelvic floor muscle strength in competition-level athletes and untrained women. LÆKNAblaðið, 104, pp133-138

【結論】2つのグループ間で骨盤底筋の強さで有意差はなかった。

これは、骨盤底筋は一般的なトレーニングでは強化できないことを示唆し、また特別なトレーニングを必要とすることを示唆している。
これらは特に、サッカーやハンドボールなど身体的に激しい運動が当てはまる。そのため、コーチは尿失禁の発生を減少させるために、女性の骨盤底筋の強化とトレーニングに特別な注意を払う必要がある。

女性アスリートで、週に11時間以上もトレーニングしていても骨盤底筋の強さは、何のトレーニングしていない女性と何ら変わらなかったということです。

そのため、骨盤底筋を鍛えるためには骨盤底筋に特化したトレーニングをする必要があるんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 産後の膣のゆるみは時間がかかるけど自然と元に戻る
  • 産後の膣のゆるみの心配は何なのか考えてみる
  • 産後の膣のゆるみによる夫婦生活の問題は女性側だけの問題ではない

そして、起こるかどうか分からない先のことで悩むより、今から積極的にトレーニングをすることでその心配は軽減します。

ただ、トレーニングは膣トレではなく、骨盤底筋トレーニングです。

それは、

  • 膣は自分の意思では動かない筋肉だから
  • 膣を締めるためには骨盤底筋を鍛えること
  • 骨盤底筋は意識をしないと鍛えられない

だから、膣のゆるみには骨盤底筋を意識した正しい骨盤底筋トレーニングが大切です。

もしあなたが産後の膣のゆるみに落ち込んでいるとしたら、もう落ち込まないでください。

今から積極的に骨盤底筋トレーニングで鍛えらば大丈夫です。

正しい骨盤底筋トレーニングをマスターしたい方はご連絡ください。

お申し込み

 無料相談はこちら

 完全予約制
 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
 場所:神楽坂駅1a出口徒歩2分、牛込神楽坂A3出口徒歩3分、東京メトロ飯田橋駅B3出口徒歩7分
 料金(税込):初回来店90分16,500円、初回オンライン90分13,500円、初回相談のみ60分9,800円
※クレジットカード可(JCB以外)

関連記事

予約カレンダー

2021年10月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2021年9月