【お客様の声】しめ方のコツを教えてもらい良かった

お客様の声

アイキャッチ画像

こんにちは。看護師歴25年、 骨盤底筋トレーニング【YUI】の 北條裕紀恵です

今回は、膣の緩みを感じて来店された30代のお客様の声をご紹介します。

※個人の感想のためすべての人にあてはまるわけではありません。

お客様プロフィール

  • Eさん、30代
  • 出産経験なし
  • 膣のゆるみを感じる
  • 彼が最後までいかない時がある

お客様の声

直筆感想写真

1.相談前のお悩み

ちつのゆるみ

2.相談前にそのお悩みに対して何をしてきましたか

自分なりに筋肉をしめたりしました。

3.なぜ相談しようと思いましたか

筋肉の使い方がちがうのではないかと思ったので。

4.本日トレーニングを受け、また相談してみてどうでしたか

しっかりしめ方のコツを教えて頂けて、実際に動かせていることも確認できたので、相談して良かったです。

5.どんな人にお勧めしますか

筋肉の使い方に疑問をもっている方は、間違った意識や使い方をしている場合もあるので、おすすめしたいです。

6.その他全体の感想なんでも

相談しなければ、知識を得ることもなかったので、相談して正確な筋肉の使い方を教えてもらえて良かったです。
ありがとうございました。

意識する場所が分かれば動かせる

Eさんは、自分なりに膣をしめようとしていましたが、肝心な骨盤底筋は全く動いていませんでした。

最近では、メディアで膣トレなどのワードを目にすることがありますよね。

しかし、膣は自分の意思では動かない筋肉です。胃の筋肉と同じ。

だから、トレーニングで鍛えることはできないんです。

膣をしめるなら、その周りにある骨盤底筋をしめる必要があります。

来店されるお客様で、一生懸命に膣をしめようとして全く動かない方は少なくありません。

しっかりと体の構造を理解し、動かすイメージが分かれば骨盤底筋が動き膣をしめることができます。

Eさんにも模型を使い説明し、どこを意識して、どんなイメージなのかを具体的に説明するとしっかりと動かせる様になりました。

パートナーが最後までいかない…

Eさんのように、セックスでパートナーが最後まで行かないと悩んでいるお客様は少なくありません。

そんな時に、皆さんにお話しするのは、パートナーがいかないのは膣のゆるみが原因ではなく、それは男性自身の問題であるということです。

男性が最後までいかないのは、男性の問題であり女性の問題ではありません。

最近では、セックスでいくことができない、膣内射精障害という病気がり不妊の問題になっています。

そして女性は、男性はセックスすればいつもいけると思っていることも間違いです。

男性だってデリケートなんです。

酔っていたり、疲れていたり、ストレスやトラウマなど色んな原因でいけない男性もいます。

もし、パートナーが最後までいかない場合、原因は自分だと思わないことです。

セックスは2人で作るものです。2人の一方が満足したら良いもではありません。

お互いに楽しむことが大切です。

まとめ

指導後にEさんの骨盤底筋の動きをチェックすると、しっかりと動く様になりました。

出産経験がなく骨盤底筋にダメージを受けていない場合は、Eさんのように動かし方が分からないだけということが多いんです。

どこに意識をすればいいのかが分かれば動く様になります。

膣のゆるみが不安な方は一度ご相談ください。

お申し込み

 無料相談はこちら

[wp-svg-icons icon=”bullhorn” wrap=”i”] 完全予約制
[wp-svg-icons icon=”bullhorn” wrap=”i”] 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
[wp-svg-icons icon=”bullhorn” wrap=”i”] 場所:神楽坂駅1a出口徒歩2分、牛込神楽坂A3出口徒歩3分、東京メトロ飯田橋駅B3出口徒歩7分
[wp-svg-icons icon=”bullhorn” wrap=”i”] 新規来店無料相談 60分、新規オンライン相談60分5,000円

関連記事

予約カレンダー

2021年9月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2021年8月