臨床経験20年以上の看護師が正しい骨盤底筋トレーニングを指導します

LINE@登録で女性特有の症状を回避する8つのポイントE-BOOKをゲット

【骨盤底筋トーレイングの感想】漠然とした不安が解消されました!

ゆきえ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。看護師臨床経験20年以上、骨盤底筋こつばんていきんパーソナルトレーナーの北條ほうじょうゆきえです。

 

今回は、8月に私の骨盤底筋トレーニングを受けてくださった、Cさんの感想をご紹介します。
※Cさんアップするのが遅くなってすいません!

 

Cさんの詳しいプロフィールはこちら

お客様写真

Cさんのプロフィール
  • 20代後半
  • 出産経験なし
  • 既婚で夫と2人暮らし
  • 尿漏れは月に1回~2回くらいある

 

Cさんは、20代前半から友達との飲み会などで自分だけがトイレが近いと自覚するように。

 

トイレが近いし、膀胱炎のような症状もあり泌尿器科を受診したことがあったそうです。

 

その時、泌尿器科で「膀胱が小さいと」と言われ、その頃からトイレがなんとなく気になるようになったとのことでした。

 

プロフィールは、イニシャルや年齢などで個人が特定できないように配慮し、感想のアップについてご本人に許可を頂いています。

感想の写真

 

※個人の感想のため全ての方に当てはまるわけではありません。

 

相談前のお悩みは?

ジャンプした時や笑った時に尿漏れしている気がした。

 

相談前にそのお悩みに対して何をしてきましたか?

  • 特に何もしていない
  • ネットで尿漏れについて調べることはしていた

 

なぜ、相談しようと思いましたか?

前々から時折、尿漏れが気になっていたけれど、泌尿器科に行くほどではないと思っていた。

直接膣に指を入れずに施術を受けられる、と書いてあって不安が軽減したから。

 

相談した結果どうでしたか?

専門家であるゆきえさんから「気にしすぎないでいい」と言われ安心した。

不安をあおってサービスを売ろうとする人もいる中で、適切なアドバイスをくださって信用できるなと思った。

膣圧を測る機会などめったにあるものではないので楽しかった。

自分でのトレーニングは瞬発的にやる方はできるけど、ゆっくりやる方はやっぱり難しかった。

 

どんな人にオススメしますか?

  • 困っているかどうかは分からないけれど身近だと母に勧めたい。(55歳)
  • 尿漏れに困っているけど病院に行くのをためらっている人
  • 膣圧に困っている人

 

その他、全体の感想なんでも

尿漏れについて正しい知識がないゆえに漠然と抱えていた不安がゆきえさんの専門的かつ分かりやすい説明で「気にしなくていいんだ」と思えました。

ざっくばらんな雰囲気で施術してくださったので終始リラックスして取り組めました。

 

気にしなくても大丈夫となった理由は

Cさんは、以前に「膀胱が小さい」と言われたことを気にしていました。

 

しかし、Cさんにお願いした3日間の排尿の記録を見てみると、Cさんは普通にトイレに行きたいなと感じた時の膀胱は最高400mlの尿をためられている膀胱でした。

 

Cさんの排尿の記録はこちらです。赤字が尿の量、青字が水分を飲んだ量、緑が尿漏れとなります。

排尿日誌写真1

排尿日誌写真2

排尿日誌写真3

そして、Cさんへ以下のことを質問してみると

  • トイレが我慢できずに尿漏れしてしまう
  • トイレが常に心配
  • トイレが近い
  • トイレに行きたいと思うと行かずにはいられない

このようなことでCさんが困ったことは一度もなく、「トイレに行きたいと思ってもトイレのことを忘れてしまいます。」とありました。

 

以前受診した泌尿器科の検査で問題なかったこと、400mlの尿をためられること、トイレが我慢できることなどからCさんには、「あまり神経質にならないようにしましょう」とお話ししました。

 

そして、尿漏れについて細かく話を聞いてみると、尿漏れなのかオリモノなのかがハッキリと分からない所がありました。

 

そのため、オリモノ検査のために婦人科を受診することをオススメしました。

 

また、Cさんの尿漏れは、お腹に圧がかかって漏れる腹圧性の尿漏れの可能性が高いため骨盤底筋トレーニングを積極的に行うようにお話ししました。

 

まとめ

自分は周りの人よりトイレが近いかもしれないと思っても、水分を多くとっていればトイレは近くなります。

 

尿漏れかもしれないと思っても、女性の場合は下着が濡れてだけでは尿なのかオリモノなのか判断はちょっと難しい。

 

このような判断をボンヤリとするのではなくしっかりとするために排尿の記録が大切になります。

 

今回のCさんは、排尿の記録を書いたことで自分の膀胱に自信が持てるようになりました。

 

Cさんはお仕事しながらの3日間の排尿の記録は大変だったと思いますが、私が説明した通りきちんとやってくださったことに感謝です。

 

もし、あなたが尿漏れや膣のトラブルなどで漠然とした不安を抱えているなら一度相談してみませんか。

 

骨盤底筋トレーニングをマスターしよう

あなたは、尿漏れや膣トラブルなどで悩んでいませんか?
女性のこのようなお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です。
誰にも言えないで悩んでいるあなたに、看護師歴20年以上でカウンセラーでもある私が骨盤底筋トレーニングを行いながらサポートします。
私の願いは、一人でも多くの女性が美しく軽やかに過ごせるようになることです。

生活指導

●骨盤底筋パーソナルトレーナー
●心理カウンセラー
  北條ゆきえ

⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください