【お客様の声】外出も気にならない!

お客様の声

アイキャッチ画像

こんにちは。看護師歴25年、 骨盤底筋トレーニング【YUI】の 北條裕紀恵です

今回は、骨盤底筋トレーニングの受けてくださったお客様の声をご紹介します。

お客様のプロフィール

  • 71歳、Yさん
  • 常にではないが不快感ある
  • 分娩回数1回
  • 不快感と落ちてくるのが怖くて出かける回数が減った

骨盤底筋トレーニングの感想

※個人の感想のため全ての人に当てはまるわけではありません。

お客様の感想直筆

1.相談前のお悩み

  • 骨盤臓器脱について不快感を感じることが増えたため。
  • また、受診を含め対応についての情報がほしかった

2.相談前にそのお悩みに対して何をしてきましたか

インターネット等で調べ情報を集めていた。

3.なぜ相談しようと思いましたか

2で得た情報を確かめたかったため。

4.本日トレーニングを受け、また相談してみてどうでしたか

2で得た情報を直接、説明・指導してもらうことにより認識が深まった。
また、正しい知識を得ることができた。

5.どんな人にお勧めしますか

  • ちょっと悩んでいるけど、どこに相談に行ったらいいか困っている人。
  • 病院に行くことをためらいがある人。

6.その他全体の感想やなんでも

聞く、見ると体験するのは大きなちがいがあることをあらためて感じました。

自分なりに工夫をしていたYさん

Yさんが初めて骨盤臓器脱のような症状を感じたのは4〜5年前。

その時、自分なりに調べて骨盤臓器脱という病気を知ったそうです。

重い感じがあったけど、病院に行くほどではなくそのまま様子をみていました。

1年ほど前から不快感が多くなってきましたが、Yさんは自分なりに工夫をして過ごしていました。

それは、タンポンを膣内に挿入することです。外出時はタンポンを使い不快感を軽減していたそうです。

骨盤臓器脱は自分がどの程度不快なのかが大切なポイントとなります。

なので、体に負担がないように、また清潔が保たれるのであれば自分なりに工夫するのは全く問題ありません。

自分なりに工夫する時、私がお勧めするのはこちら
ロール状の生理用ナプキンを使う

落ちてくるのが怖くて外出が少なくなった

Yさんに、これまでの経過や症状などを伺っていくと…

「落ちてくるのが怖くて、不快感もあり出かけるのが少なくなった」とありました。

これは、初めて膣からの下垂感や不快感を感じた人に多くあります。

Yさんへ不安が強かったため以下のことをお話ししました。

  • 突然、飛び出てこない
  • 進行はゆるやか
  • 臓器がそのまま飛び出ない
  • 出てきた時の対処法

この不快感を感じた女性は、内臓がある日突然そのまま飛び出てくるのではないかと思っている人は実に多いんです。

子宮はそのまま出てきますが問題ありません。

膀胱や直腸はそのままではなく、膣の壁を押している状態。見えているのは膣の壁です。

一度、膣から出ているのを実際に見てしまったり触れてしまったりすると恐怖感で動かないようにと思う方は多くいます。

でも、急に飛び出ないし、出てきたら抵抗がない方向に手で押し戻してあげれば大丈夫です。

外出が怖くてジッとしてしまい、ストレスで食べて太ってしまうことは骨盤臓器脱にはリスクになります

来店された時のYさんは不安そうな顔をされていましたが、帰る時には笑顔で帰られました。

まとめ

Yさんは、来店されるまで一人で悩みを抱え不安で過ごされていました。

しかし、来店して正しい知識とトレーニングを学んだことで不安は解消され前向きになられました。

最近、Yさんのような女性が増えています。

骨盤臓器脱の状況を目の当たりにしてしまうと恐怖感が強くなってしまうんです。

骨盤臓器脱になっても急に臓器が体の外に飛び出てくるわけではありませんから安心して日常を送ってください。

その約1週間後、Yさんは回数券を購入してくださり再来店してくださいました。

その時のYさんから「あれから不快感が軽減して、もうタンポン使っていません!」と、外出も気にならないと笑顔でありました。

本当に良かったです!

骨盤底筋トレーニングのお申し込み

 無料相談はこちら

 完全予約制
 営業時間:9:00 ~ 21:00 土日祝日も可
 場所:神楽坂駅1a出口徒歩2分、牛込神楽坂A3出口徒歩3分、東京メトロ飯田橋駅B3出口徒歩7分
 新規来店無料相談 60分、新規オンライン相談60分5,000円

関連記事

予約カレンダー

2021年6月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
×
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     
2021年5月