女性のデリケートゾーンについて看護師歴20年以上の私がアドバイス

腹圧性尿失禁の原因となる腹圧排尿 あなたは大丈夫?

ゆきえ
WRITER
 
腹圧排尿アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは! 骨盤底筋体操指導者こつばんていきんたいそうしどうしゃで看護師の北條裕紀恵ほうじょうゆきえです。

 

今回は、女性の腹圧性尿失禁ふくあつせいにょうしっきんの原因の一つとして考えられている腹圧排尿ふくあつはいにょうについて書いてみたいと思います。

 

どうして腹圧排尿が腹圧性尿失禁の原因になるのか

腹圧排尿がどうして腹圧性尿失禁の原因になるのかと言うと、単純に尿道に圧がかかっているからです。

 

通常、膀胱の収縮だけで排尿しているのに、腹部から膀胱に圧をかけて尿を勢いよく押し出します。

 

そうすると、尿道には通常の量より沢山の尿が流れ出し負担になります。

女性骨盤底解剖図

このような腹圧排尿を繰り返すと、上の図の尿道がグラグラとなり支えられなくなります。

 

尿道のグラグラが酷くなると、お腹に力が加わわる度に尿道がグラグラして尿が漏れてしまうのです。

 

自分は腹圧排尿か?

自分の排尿が腹圧排尿かどうかは、排尿時に意識することで知ることができます。

 

腹圧排尿は腹圧をかけて排尿しているってことでしょ。

花子さん

 

そう読んで字の通りよ。でもね、実際に自分が排尿している時に腹圧をかけているかなんて意識しないと分からないものなのよ。

ゆきえ

 

そうね、いつもの通りにしていると意識しないわね。

花子さん

 

でしょ。だかね、今日は、自分が腹圧をかけているかどうか知るためには、排尿時に何を意識すればいいのかそのチェックポイントを書いてみようと思うの。

ゆきえ

 

排尿時のチェックポイント その1

あなたは、他の人に比べてトイレにかかる時間は早いですか?

 

私は早い方だと思うわ。いつも友達に早くて驚かれるし(笑)

花子さん

 

そうなのね。そうすると腹圧をかけている可能性があるわね。

ゆきえ

 

どういうことなの。

花子さん

 

大体だけど、膀胱が自然に収縮して排尿する場合の排尿時間の平均は15~30秒と言われているの。

ゆきえ

 

へぇ~そうなのね。

花子さん

 

そう、だから、トイレに入って、シャっとしてシャっと終わる場合、腹圧をかけていることが多いのよ。

ゆきえ

 

排尿時のチェックポイント その2

便座に座った時姿勢は、前傾姿勢で下っ腹に力が入っていないですか?

 

ん?私、前傾気味だと思うけど、下っ腹に力が入っているかどうかは意識したことないわよ。

花子さん

 

便座に座って前傾気味だと、どうしても力み易くて下っ腹に力が入りやすいのよ。骨盤臓器脱こつばんぞうきだつがある人は前屈みになると排尿が出やすいんだけど、骨盤臓器脱がないのに前傾姿勢になるのは腹圧をかけやすくしている状態なの。

ゆきえ

 

下っ腹に力が入っているかどうかはどうしたら分かるの?

花子さん

 

下っ腹に力が入っているかどうかは、排尿している時に下っ腹を意識してみて。きっと無意識に排尿していると思うから、排尿の時に自分の下腹部が力んでいるか注意してみてみることね。

ゆきえ

 

排尿時のチェックポイント その3

便座に座った直後に尿がとても勢いが良く出ていないですか?

 

あぁ~なるほどね。私は勢いが良いと思うわ。

花子さん

 

女性は、頻尿の薬を内服している場合や骨盤臓器脱などでは尿の勢いが良くない場合があるの。でも便座に座るや否や、勢いよくシャっとでるような排尿は腹圧をかけていることが多いのよ。だから、排尿時にシャっと勢いよく出ていないかどうか注意してみてね。

ゆきえ

 

 

尿流量検査の曲線から分かる腹圧排尿

泌尿器科に行くと、尿の勢いをみる検査があり、それを尿流量検査と言います。

 

尿流量検査は、排尿時間と排尿量がグラフで示されて、そのグラフの曲線がどのような曲線を描くかで腹圧をかけているかどうかが分かります。

 

尿流量検査

尿流量検査

※写真はTOTOエンジニアリング株式会社さまよりお借りしました。

こちらの器械で排尿をすると検査結果がレシートのような紙で出てきます。

 

その紙は、縦軸が排尿量で横軸が排尿時間となっていて1回排尿がどのような勢いで出ているか曲線で表されます。

 

その曲線を見ることで、腹圧をかけて排尿しているかどうかが分かります。

 

そして、尿流量検査では、排尿量や排尿時間の他にも最大尿流率、平均尿流率、最大尿流率到達時間、ためらい時間などが分かります。

 

今回は、その曲線を排尿時間と排尿量をメインにパターン別に分かりやすくExcelで作ってみました。

 

では、その曲線パターンを見ていきましょう。

 

膀胱の収縮だけで排尿している場合

 

平均的な曲線

 

上のグラフの青い曲線を見ると、0から5秒にかけてゆるやかに山のピークが見られますね。

 

そして、5秒を過ぎたところから曲線は、上昇することなく徐々に下降し17秒くらいで線は消失しています。

 

この曲線は、山のピークに達してから下降し、17秒くらいで線は消えています。

 

ポイントは、曲線がゆるやかに上昇しピークに達した後は上昇せずに緩やかに下降していることです。

 

ピーク以降、上昇せずに緩やかに下降しているということは膀胱の収縮で排尿しているということになります。

 

次に紹介しますが、もし腹圧をかけて排尿している場合、曲線は極端な山を描きます。

 

また、排尿途中で腹圧をかけると曲線が再度上昇するのです。

 

そして、この排尿時間は17秒と平均的な排尿時間になっていますので、膀胱の収縮で排尿していると考えていいでしょう。

 

実際の排尿はどんな感じ?

では、膀胱の収縮だけで排尿しているかどうか、尿流量検査をせずに通常の排尿でどうやったら分かるかということですが、

 

それは、排尿時にリラックスしてゆったりとした状態で排尿しているかどうかと、排尿が徐々に勢いを増してゆっくりと終われば膀胱の収縮だけででていると考えていいでしょう。

 

トイレすることしか考えていないから、リラックスしているかどうか意識してみないと分からないわね。

花子さん

 

そうなのよ。だから普段のトイレを少しだけ意識してみてね。そして、便座に座って尿が出始めたら、徐々に勢いが強まってゆっくりと終わるかどうか。また、リラックスしているかどうか注意してみてね。

ゆきえ

 

腹圧排尿 その1

 

腹圧排尿1

このグラフの青い線を見ると、膀胱の収縮だけの曲線とは違い、山のピークが急激なのが分かりますね。

 

また、このグラフでは、一度下降してまた上昇し山が2つできていますね。

 

そして、膀胱の収縮だけの曲線と比べると、排尿時間も短くなっています。

 

このような曲線を描いている場合、排尿開始時から勢いがあることから初めから腹圧をかけていると考えられ、

 

また、一旦下降して再度上昇している時に、さらに腹圧をかけていると考えていいでしょう。

 

実際の排尿はどんな感じ?

では、この腹圧排尿その1の実際の排尿はどんな感じなのかと言うと、

 

座った途端にMAXの勢いで排尿をし、少し尿の勢いが弱まったときに再度勢いが増して尿が出ていると考えられます。

 

最初から勢いがいいってことがポイントなのね。

花子さん

 

そうなの。最初から凄く勢いよく出ていて、少し弱まった後に再度勢いが増しているわね。だから山が2つできているの。膀胱の収縮だけだとピークを過ぎてから勢いが強くなることはないのよ。

ゆきえ

 

腹圧排尿 その2

 

腹圧排尿2

このグラフを見てみると青い曲線は、腹圧排尿その1と比べると緩やかな山になっていますが、20秒あたりに小さい山がポコッとまた出てきていますね。

 

このような曲線の場合、腹圧排尿その1に比べると山のピークは緩やかですが、山が2つできているということは、最後の小さい山の時に腹圧をかけて絞り出しているということになります。

 

そのため、腹圧をかけて排尿している傾向がると言っていいでしょう。

 

実際の排尿はどんな感じ?

では、この腹圧排尿その2の実際の排尿はどんな感じなのかと言うと、

 

座ってから、腹圧排尿その1に比べると最初から勢いがMAXではありませんが、それなりの勢いがあると考えられます。

 

そして、排尿が終わったかなと思った時に無意識に下腹部に力を入れて、チョロっと少しだけ出しています。

 

私、これやってるかもしれないわ。だって残っているかもって気になるんだもの。

花子さん

 

花子さん、その気持ちも分かるわ。でもね、本来は膀胱の収縮だけで出し切れるものだし、男性に比べて女性は尿道が短いから、尿道に残っていることはそんなにないわよ。

ゆきえ

 

そうなの?でも、排尿後にジワっとショーツが濡れたことあるのよ~

花子さん

 

それで気になっているのね。そういう場合は、腹圧をかけて押し出さなくてもトイレットペーパーで拭く時に、押し当てるような押さえるように拭けば大抵は大丈夫よ。

ゆきえ

 

腹圧性尿失禁の原因となる腹圧排尿をやめるには

では、自分の排尿が腹圧をかけていると分かったらどうするか。

 

それは、トイレで排尿する時に意識的にリラックスすることです。

 

腹圧排尿が癖になっている人は、きっと無意識に下腹部に力が入っています。

 

だから、排尿する度にリラックスを心掛け、全身が力んでいないか、下腹部が力んでいないかに注意をしてください。

 

頻尿などの薬を飲んでいる場合や排尿障害が無い限り、普通の人は膀胱の収縮だけで十分に排尿できますからね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、女性に起こりやすい腹圧性尿失禁の原因の一つである腹圧排尿について書いてみました。

 

腹圧性尿失禁には、骨盤底筋トレーニングなどで骨盤底筋を鍛えることが広く知られていますが、

 

腹圧排尿が腹圧性尿失禁の原因の一つであることは一般的にあまり知られていないように思います。

 

腹圧性尿失禁は女性なら誰でも起こり得る症状です。

 

だとしたら、一つでもそのリスクは避けたいですよね。

 

そして、経膣分娩を経験されている方は、無意識に腹圧排尿をしている可能性が高いですよ。

 

排尿は毎日数回行う行為、「塵も積もれば~」ですので、女性の方は是非とも注意して、排尿時はリラックスして行いましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆきえ
骨盤底筋パーソナルトレーナーをしております。20年以上看護師として現場で働き、骨盤底筋訓練の指導を1対1で5年間行ってきました。産後の尿漏れや膣のトラブルでお困りの方にお役に立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください