女性のデリケートゾーンについて看護師歴20年以上の私がアドバイス

WEB集客講座用LP

LPヘッダー画像

こんなお悩みありませんか?

 

夕方になると膣に何か挟まった感じがするの…

悩める女性A

 

 

最近、ジャンプしたら尿が漏れて…

悩める女性B

 

 

膣が緩んでいる感じがするのよね…

悩める女性C

 

 

 くしゃみやジャンプした時に尿漏れしてしまう…

 尿が漏れそうで激しい運動が怖くてできない…

 お風呂で膣にお湯が入ってしまう…

 膣に何かが下がってくるような感じがする…

 怖くて夫婦生活ができない…

実はこのようなお悩みを抱えている女性は多い

私は2011年から骨盤底筋トレーニングを1対1で指導し、このようなお悩みを抱えている女性を沢山みてきました。

 

デリケートゾーンや尿漏れなどのお悩みは恥ずかしいと言う思いから、女性は誰にも言えず1人で悩みを抱え込んでいる人が多いんです。

 

実際に女性を対象にした尿漏れに関する調査を見てみると

長野県内のアンケート調査、985人(男性350人、女性635人)の中高年を対象にした調査では

 

【結果】尿失禁の有病率は,男性で11.4%,女性で34.5%であり,年齢が高くなるほど有訴率も上昇した(P for trend<0.01).女性では,40歳代でも有訴率が高く,30.4%であった。分娩は尿失禁との関連を示し,分娩経験なしに比べて,4回以上の分娩経験者では,尿失禁のオッズが4.29倍(95%信頼区間:1.13-16.10)であった.また,女性では尿失禁の頻度が増えるほどQOLが低下していた.相談相手としては,男性では医療機関(54.2%)と家族(34.0%)が大部分を占めた.女性は,39.6%が医療機関,22.6%が家族,16.5%が誰にもしない,10.6%が医療機関以外の保健看護職,9.5%が友人だった.

参考文献:道川ら(2008)「中高年における尿失禁に関する調査」日本公衛誌 第55巻第7号

 

女性の方が男性より尿失禁になっている人が多いにもかかわらず、「誰にも相談しない」が男性は7.5%、女性ではその倍以上の16.5%の人が誰にも相談でしていない状態なのです。

 

また、現在尿失禁症状のある20~60 歳代の女性 1,027 名(1,522 名に依頼,回答数 1051 名:回収率 69.1%,有効回答率 67.4%)を対象に、インターネット調査を実施したものでは

 

結果、尿失禁は治療や予防の可能な病気であると捉えている女性が約半数であり、実際に受診経験のある女性は 7.3%であった。
一方、受診や人に話すことに抵抗感のある女性は約 68%であり、約 65%の女性がパッドを当てることにより対処していた。
これまで改善のために何もしていない女性は 76.1%であったが、85.3%が今後、骨盤底筋体操や、尿失禁改善が期待できるサポート下着の着用などに取り組みたいと考えていることが明らかとなった。
このことから、尿失禁症状を有する女性の多くは、受診や人に知られることなく、簡単なセルフケアで尿失禁を改善したいと考えていることが示唆された。

参考文献:二宮ら(2013)「女性の尿失禁への対処行動と治療に対するニーズの
インターネット調査(研究報告) 」滋賀医科大学看護学ジャーナル第11巻第1号18-22頁
URL:http://hdl.handle.net./10422/2940

 

尿漏れが実際あるのに、何もしない女性が76.1%もいるのが現実です。

 

やはり、女性にとって尿漏れは言い出しにくいし知られたくないものなのです!

 

そのお悩み、一人で悩んでいないで私と共有しませんか?

ゆきえ

 

くしゃみやジャンプの尿漏れ・膣の違和感は骨盤底筋が衰えているから

 


 尿道が支えられなくなりグラグラになる

 筋力が低下して臓器を正しい位置で支えられなくなる

 筋力のバランスを保てなくなる

すると、こんなお悩みが出てきます

 くしゃみやジャンプした時に尿漏れしてしまう…

 尿が漏れそうで激しい運動が怖くてできない…

 お風呂で膣にお湯が入ってしまう…

 膣に何かが下がってくるような感じがする…

 怖くて夫婦生活ができない…

 

どうして骨盤底筋が衰えるのか

女性の骨盤底筋が衰える原因は沢山あります。

 出産によるもの(吸引・鉗子かんし分娩など)

 加齢による筋力低下

 女性ホルモンの減少(更年期やストレスなど)

 長期間の骨盤底筋への負荷

 

長期間の骨盤底筋への負荷とは必要以上のいきみや踏ん張りなどです

例えば…

 ひどい便秘(排便時のいきみ)

 日常的に重いものを持ち踏ん張る

 凄くいきむスポーツを毎日している

 日常的にトランポリンをしている

 

どうですか?骨盤底筋に負担がかかる動き想像できましたか?

ゆきえ

 

これらのお悩みには骨盤底筋トレーニングが有効です

くしゃみの尿漏れや膣の違和感などのお悩みには、骨盤底筋トレーニングが有効です。

 

骨盤底筋トレーニングが、くしゃみやジャンプなどの尿漏れや膣から臓器が落ちてくる子宮脱(骨盤臓器脱)に有効であることは先行研究からも明らかになっています。

 

尿漏れのある女性836人を対象にした研究では

尿漏れのある女性に対して、骨盤底筋トレーニングをする群とトレーニングをしない群、または骨盤底筋トレーニングに似た運動をする群などを比較した研究です。

 

  • くしゃみやジャンプなどの腹圧性の尿漏れ
  • 我慢できない尿漏れ
  • または両方の尿漏れ

これらの尿漏れ症状がある836人の女性を対象にしています。

 

836名の女性のうち、435人は骨盤底筋トレーニングをし、その他の401人はその対象としてトレーニングをしない、まはた似た様なトレーニングをして比較検討しています。

 

The treatment effect seems greater in women with stress urinary incontinence alone, who participate in a supervised PFMT programme for at least three months, but these and other uncertainties require testing in further trials.
結果、くしゃみやジャンプなどの腹圧で漏れる尿漏れに対してのみ骨盤底筋トレーニングの明確な効果がみられ、その人たちは少なくとも3ヶ月間の骨盤底筋トレーニングに参加していた女性たちだったとしています。しかし、その他の不確実な結果はさらなる研究が必要としています。

参考文献:Dumoulin C, Hay-Smith J.Mac Habée-Séguin G 「Pelvic floor muscle training versus no treatment, or inactive control treatments, for urinary incontinence in women.
 2014 May 14;(5):CD005654. doi: 10.1002/14651858.CD005654.pub3

 

3ヶ月の骨盤底筋トレーニングを継続して、くしゃみやジャンプの尿漏れが改善したとしています。

 

子宮脱(骨盤臓器脱)の症状がある女性を対象にした研究では

膣から臓器が下がってくる症状のある17名の日本人女性を対象に16週間の骨盤底筋体操を継続した研究で、17名の女性は膣から完全には出ていない、骨盤臓器脱の症状が軽度の人たちです。

 

【結果】POP-Qステージは介入前に比べ介入後に改善5名、悪化2名、変化なし10名となり介入より膣壁の下垂は維持あるいは改善する傾向にあった。

【結語】軽度POP(骨盤臓器脱)患者に対して骨盤底筋体操を実施しその効果を検討した。その結果、骨盤底筋の最大収縮時膣圧の増大、下垂部の挙上、排尿や排便に関する症状やQOLを改善させる可能性が示唆された。

参考文献:「中高齢女性における軽度骨盤臓器脱に対する骨盤底筋体操の試み」
大内ら(2016)、理学療法学 第43巻第6号453~469頁

 

16週間の骨盤底筋トレーニングで、下がっていた部分が少し上がり、症状も改善する可能性があるとしています。

 

このように、骨盤底筋トレーニングがくしゃみやジャンプの尿漏れや膣から落ちてきてしまう子宮脱(骨盤臓器脱)に効果があることは事実です。

 

しかし、骨盤底筋トレーニングを自分なりにやってみても骨盤底筋を間違って動かしている人やそもそも動かせていない人は実に多いのです。

 

そのため、骨盤底筋を正しく効果的にトレーニングするためには、骨盤底筋にしっかりとフォーカスさせて正しく動かす必要があります。

 

骨盤底筋トレーニングをしっかりとマスターするために

骨盤底筋

骨盤底筋は、体の一番奥にある筋肉でインナーマッスルの1つとなります。

 

骨盤底筋は体の奥にあり、関節運動も共わないため目で動きを確認することができず、意識することが難しい筋肉です。

 

骨盤底筋を鍛えるためには、しっかりと骨盤底筋が動いているか確認することが大切!

ゆきえ

 

骨盤底筋がきちんと動いているか確認できる場所は、女性では膣となります。

 

私が骨盤底筋体操外来で指導していた7年間は、膣から指を入れて骨盤底筋の動きを確認をしながら指導していました。

 

しかしながら、膣から骨盤底筋の動きを確認するのことに抵抗を示す女性は少なくありません。

 

確かに、それはちょっと抵抗あるかも…

悩める女性B

 

そうですよね、日本人女性は特に抵抗が強いですね。

ゆきえ

 

そのため、体の負担やリスクなどを考え私のトレーニングでは、体の表面から骨盤底筋の動きを確認する方法をとっています。

 

そして、骨盤底筋に意識をフォーカスさせ自分の意思で骨盤底筋が動かせるようにトレーニングし、その人にあったプログラムを提供します。

 

私の骨盤底筋パーソナルトレーニングの4つの特徴

1.1対1だからできること

静かでプライベートが確保されている空間で、これまで誰にも話せなかったお悩みを1対1でゆっくりとお聞きします。

 プライベートの空間を確保

 ゆっくりとお話ができる

 女性だけの空間で安心

 

2.あなたにあったトレーニングプログラムを提供します

骨盤底筋の筋力の強さや動かしやすさには個人差があります。

 

疲れているのに頑張って動かしても効果的には動きません。そのため、その人にあった締め方や回数が必要になります。

 

 骨盤底筋にしっかりとフォーカスさせ

 個人にあったトレーニングプログラムの提供

 

具体的には下記のようなトレーニングプログラムを提供します。

トレーニングプログラム

 

3.日常生活でのアドバイス

20年以上の看護師としてのキャリアとカウンセラーとしての知識も活かし、あなたのお悩みに沿った日常生活のアドバイスをし精神面でもサポートいたします。

 夫婦生活などのアドバイス

 日常生活などのお悩みへの的確なアドバイス

 

4.子連れOK

完全個室で自由な空間ですので小さいお子さん(未就学以下)が一緒でも大丈夫です。

※ドタバタと遊ぶことはご遠慮ください。

 子どもをどこにも預けられない

 休みの日に子どもと一緒に行きたい

 

骨盤底筋トレーニングをマスターしたい方向け

 

 初回 90分 16,200円(税込)

 


1.カウンセリング

 

骨盤底筋の衰えでどのようなお悩みをお持ちなのか、じっくりとお聞きしお客様のお悩みを共有します。




2.骨盤底筋トレーニング

 


3.膣圧測定(希望の方のみ)

 

ご希望の方は、こちらの膣圧測定器にて膣圧を測定いたします。(測定器具の挿入はご自身でしていただきます。)
膣圧測定器


4.骨盤底筋トレーニングプログラムの設定

 

骨盤底筋トレーニングプログラムは、お客様の動きや強さに合わせたプログラムをご提案します。




5.日常生活でのアドバイス

 

お客様のお悩みに沿ったや日常生活でのアドバイスをさせていただきます。

 

 2回目以降 60分 10,800円(税込)

2回目以降は、骨盤底筋の筋力チェックや動かし方のチェックを行います。

また、継続中のお悩みなどのカウンセリングも行います。

 

こんな方が対象です

 1回のトレーニングがけではマスターできなかった人

 1人だけでは続かない

 上手にできているか自信がない

 

トレーニング前に悩みだけを相談したい方向け

 相談 30分 1,080円(税込)

困っているけど、どうしたらいいのか分からない方のためにトレーニング前の相談のみをご用意しました。

 

※通話は、LINEなどの無料通話アプリでも行えます。

 

こんな方はお気軽にどうぞ

 とりあえず話だけ聞きたい

 どうしていいのかよく分からない

 

 相談までの流れ

 

1.お申込みから【相談】を選んでいただき、必要事項を記入の上、希望日を3つお知らせください。

2.希望日3つの中から1つを選び日時を指定して、ご本人へメールを返信いたします。

3.ご相談当日は、こちらからご連絡いたします。

 

お支払方法

 2日前までに、銀行振込、またはクレジットカード決済にてお支払していただきます。

 

お申し込み際に、どちらかのお支払方法をご選択ください。

  • 銀行振込:ゆうちょ銀行
  • クレジットカード決済:PayPal(別途手数料がかかります)
    16,200円→プラス630円、10,800円→プラス430円、1,080円→プラス1,120円   
      

 

ご予約のキャンセルについて

万が一、キャンセルされる場合は、2日前までにご連絡ください。

 

 それ以降は、前日のキャンセル料は半額、当日は、全額キャンセル料が発生いたします。

 

 

アクセス

東京都内23区の駅近

 詳細はお申込み頂いた方に追ってお知らせいたします

 

骨盤底筋トレーナーとしての想い

私は、看護師として20年以上現場で働き、2011年からは骨盤底筋体操外来で1対1で骨盤底筋トレーニングを指導してきました。

 

現場でデリケートゾーンのお悩み抱えている女性を沢山みてきました。

 

例えば

  • 尿漏れなんて誰にも言えない
  • 家族にバレないようにしている
  • どこに相談していいのか分からない
  • 夫婦生活で相談できる人がいない

などなど一人で悩んでいる女性と沢山出会い、その悩みを解決してきました。

 

デリケートゾーンのトラブルは生活の質を確実に下げてしまいます。

 

そのため、気になって出かけられない、これからの人生の楽しみなんて何もないと心を閉ざしてしまう方も多いのです。

 

私は、骨盤底筋トレーニングの指導もできますが、カウンセラーとしても活動していますので精神面でのサポートもできます。

 

日本では、その文化的背景から女性がデリケートゾーンや尿漏れについて話し合える環境はとても少ないですよね。

 

私は、デリケートゾーンや尿漏れで悩んでいる女性に対して、正しい骨盤底筋トレーニングを指導し、またその人にあった日常生活の的確なアドバイスをすることで活き活きとした日々が送れるようにします。

 

そして、正しい骨盤底筋トレーニングが日本人女性にとってもっと身近なものとなり、デリケートゾーンのトラブルや尿漏れで誰にも言えないで困っている女性が一人でも減ることを願っています。

 

女性として生きて行くからには、何歳になっても活き活きと輝いていて欲しいと強く願っています!

 

経歴
  • 都立 広尾看護専門学校 卒業
  • 地方公立病院 内科病棟 3年間勤務
  • 都立豊島病院(現豊島病院) NICU・泌尿器科・外科病棟 7年間勤務
  • 四谷メディカルキューブ 一般外来・PET検査・内視鏡検査・女性専用外来 11年間勤務
  • 2011年  骨盤底筋体操外来にて1対1でトレーニング指導
  • 2016年 メンタルブロックカウンセリングについて学び始める
  • 2017年 筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 経営システム科学専攻にてMBA取得する
  • 2018年 メンタルブロックカウンセラーとして活動開始

 

お申込み

 完全予約制